四葉かなえが書いた記事

ハロウィン怖い

ハロウィン装飾で子供が怖がる時の対処法とは?怖がりな子もこれで安心

ハロウィンの楽しみの一つに挙げられる、特有のさまざまな飾り付け。 町中の至るところ、お菓子のパッケージ、遊園地やイベント会場のデコレーションなど、様々な場所で楽しむことができます。 ハロウィンといえば、【ジャック・オ・ランタン】や【お化け】、【コウモリ】などが思い浮かびますね。 全体的に、黒、紫、オレンジといったカラーリングでダークなイメージ。 場所によっては、わざと照明を落とし気味にしていたり、ホラーでミステリアスな雰囲気が漂います。   大人目線では、特段怖くもなんともないこれらの装飾ですが ...

ハロウィン

ハロウィンの説明ってどうする?子供には絵本でわかりやすく伝えよう

10月31日は、ハロウィン! 近年、各地で盛り上がりをみせるハロウィンイベントやホームパーティ、お菓子の配布などの各種催し。 仮装をしたり、お菓子をもらえたりといったその特性から、子供が参加できるものが多く、ぜひチェックしておきたいですよね。   ところで、そんなとき「ハロウィンってなに〜?」と、子供から聞かれたらどうしますか? んんっ? 仮装して、お菓子をもらいに行く日だよね…トリック・オア・トリート! ↑逃げた(爆)   あらたまって聞かれると、いまいちハッキリ説明できないのがハロ ...

年の差婚夫婦 喧嘩

年の差婚は喧嘩しないは嘘!仲のいい夫婦は奥さんの対応が上手い?

うちの夫は、私より25歳年上です。 年の差婚も、年の差婚! 自慢じゃありませんが、私達以上の年の差婚夫婦には、現実社会でお目にかかったことがありません。   そんな私達に対して、私の実母が言うことは…。 「旦那さん優しくていいわね〜、よかったわね。仲良さそうで安心したわw」 「ユーモアあるし、いつも話が面白いわよね〜」 「たまに、話を盛ってるけど(爆)」 ↑母からは、もともと結婚を猛反対されていました(笑)   まあ、いいんです。 母から見て、仲睦まじいと思ってもらえてれば、それはそれ ...

年の差婚

25歳差”年の差婚”で身をもって感じたリアルなメリット・デメリット

私の旦那は、私より25歳年上です。 よく驚かれます。 結婚した当初は、友人に会うたびこう聞かれました。 「どうやって出会ったの?」 「なんで結婚しようと思ったの?」 うんうん、気になるよね。 我ながら、そこが一番疑問だよ(笑)   多分、みんなが知りたいのは 「年が離れていてデメリットだらけなのに、どうして結婚しようと思ったのか?」 これです!! でも、面と向かっては聞かれません。 (↑当たり前)   年の差婚のどこがいいの? なんでそこまで吹っ切れるの? なんでってあなた、結婚は損得 ...

年の差婚二人目

年の差婚でも二人目の子供が欲しい!後悔しない為に下した決断理由とは

年の差婚夫婦にとって、デリケートな問題である子作り。 結婚年齢、出産年齢ともに上昇傾向にある現代において、30代で結婚・出産はもはや当たり前です。 しかし、それが年の差婚だった場合はどうでしょう?   例えば、20歳の年の差がある夫婦の場合、女性が20代後半なら男性は40代後半。 一人目を授かったとしても、二人目はどうするのか…子供の将来がかかってくるだけに、大変悩ましい問題です。 子供を授かる → 成人するまで育てる! からには、それ相応の覚悟も必要。 親になるのだから、責任を持って育て上げな ...

年の差婚

体験済!25歳の年の差婚で身をもって感じたデメリットを暴露します

私の旦那は年上です。 その年の差は、実に25歳!!そうとう珍しい夫婦かと(笑) 結婚してから丸10年、すったもんだしながらも、仲良くやっております。 詳しくは私のプロフィールを覗いてみてくださいね!   私が思いつく限り、年の差婚のメリットなるものは、残念ながらほとんど存在しません(爆) 逆に、メリットがあったら教えてもらいたいぐらいです!   例えば夫婦で歩いていても、下手すれば親子に間違えられます(笑) 好奇の目で見られることはあっても、微笑ましく見守ってくれるのは互いの友人くらい ...

子育てに口出しする姑に”今時のしつけ方”を理解してもらう方法とは?

あなたの家で、子育ての主導権を握るのは 誰ですか? 我が家では、子育ての主導権は私。つまり、母親が握っています。 ただし、姑も一緒に住んでいますし、主人もまあまあ口出しするタイプ。 これ、実は結構なストレス! 私は何をやるにもマニュアル本をまず読みたいタイプなので、育児にあたってもマニュアル本=育児書、雑誌等を一通り読みました。 その上で育児スタート! もちろん、育児はマニュアル通りに行かないことだらけですが、基本がわかっていないと応用もできないと思うのです。 それなのに… 姑「子供には、食べたいだけ食べ ...

義母に子供を預けたくない!姑の孫に対するうざい行動をやめさせるには

働くママも、そうでないママも、義実家に子供を預けられると助かりますよね。 しかし、双方の距離や関係により、預けたくてもそれが叶わないという人もいます。 義実家に子供を預けられる人は、いいな…。 預けられない人からすると、羨ましい限り! ところが、そう思わない人もいるんです! 本当は預けたくないんだけど…他に預けるところがないから、仕方なく預けている。 いつも、子供に心の中で「ごめん!」と謝って預けてます。保育園に入れたらな〜(泣) ええっ!?預けられるだけで御の字じゃないの!? という、不満の声も聞こえて ...

【トイトレ失敗談】1人目大成功からの2人目大失敗でわかったこと

  四葉かなえ こんにちは、四葉かなえです。 みなさん、トイトレ順調ですか?私はトイトレで大失敗した経験があります(笑)以下は、その体験談です♪   2歳を過ぎて、言葉でコミュニケーションが取れるようになると、次に気になりだすのが『トイレトレーニング』。 いわゆる『トイトレ』ですね。 トイトレは「夏にするのがオススメ!」というのが定説です。 その理由としては、以下のようなものが挙げられます。 パンツやズボンを汚してもサッと取り替えられる 洗濯してもすぐ乾く トイレに連れて行く、おまるに ...

とっておき姑撃退方法!孫のことでもうでしゃばらせないイライラ対処法

長男・次男「おばあちゃ〜〜〜〜ん!」 姑「こんにちは!おばあちゃんが遊びに来ましたよ〜w」   また、この日がやってきた……。 姑は、毎週末の金曜日、必ず我が家にやってくる。なんでも、茶道サークルの帰り道にちょうど近くを通るのだとか。 そんな理由はどうだっていい。 許せないのは、姑の態度。 おばあちゃんの特権を笠に着て孫を我が物のように扱い、親そっちのけでありとあらゆる無礼を働く! 問題は、そんな姑を撃退する方法が皆無だということ…。 あぁ、これから先、どう付き合えばいいの…。   姑 ...

お盆に嫁は何すればいい?ひとつ間違えると怖いマナーとは

四葉かなえ 初めまして四葉かなえです。この記事は、お盆を知らずに育った私が、嫁ぎ先で学んだ『お盆』について書きました。   日本の家庭に根付く、年中行事。 お正月から始まり、節分、桃の節句、端午の節句、お盆など、季節に沿った様々な行事があります。 中でも「盆暮れ正月」と言われるように、お盆はご先祖様をお迎えする、年に一度の大切な行事です。 お盆に対する考え方は、地域や家庭によってかなり温度差があるため「こうすれば正解!」という、明確な定義はありません。 ちなみに、私の実家はお盆になにもしていなか ...

実母のストレスは同居が原因?不仲な嫁姑を仲良くする夫の役割とは?

同居・・・ 誰が言い出したんだ、同居するって!! 同居に揉め事はつきもの。 同居でイザコザは当たり前。 でも、大人がたくさんいるから、時にものすごいパワーを産む同居。 子育て世代にとっては、同居のメリットは計り知れません! 『ちょっとだけ子供をみててほしい』 が、すぐ叶う! こんなにありがたいことはありません。 親世代にしても、家に若い人がいることで、助かることが! 「これ教えて」 「重いものを持つのを手伝って」 「高いところのものお願い」 持ちつ持たれつ! これぞ、同居のいいところ(笑) なのに同居を選 ...

実家に子供を預けっぱなし!程よいお礼の仕方と姑の本音を大公開!

働くママの一番の悩みと言えば『保育所問題!』 『待機児童問題』が叫ばれ、改善はされてきたもののまだまだ頭を悩ませるママも多いのでは? 「認可保育所がいいのに入れない!」 「近所の保育園は人気が高い!」 「駅チカ保育園が倍率高すぎ!!」 第一希望の園に入れないことも多いため、どこかで妥協が必要になります。 預け先がどうしても見つからない、あるいは今空いている保育所には預けたくない! でも、仕事もしなければいけない… そんな時に、最終手段として考えるのが『実家に預ける』という選択肢です。 誰もが一度は頭をよぎ ...

姑が嫌いで嫌いで会いたくな~い!そんな姑の特徴とイライラの対処法!

『結婚』 それは、男女が愛し合った末に結ばれる、幸せの形。 結婚することは、幸せなことです。 しかし、結婚の末に結ばれるのは、好きあっている当人同士だけではありません。 当人同士が結ばれることで、必然的にその親や兄弟も『義両親』や『義兄弟』になるのです。 結婚相手を選んだ時点で、あなたには義理の両親が誕生します! その後の結婚生活に大きく関わる 『義理の両親』 これ、当たりハズレあります(笑) 同じ星の下で暮らしていただろうに 「どうしてこんなに価値観が違うの!?」 ということも、多々あります。 でも、義 ...

幼稚園のママ友は疲れる!ママ友との距離感を保って上手く付き合うコツ

幼稚園とは、かくも恐ろしき場所であった…。 幼稚園は、子供にとって産まれて初めて、お友達との集団生活を経験する場所です。 まだイヤイヤが取れない甘えん坊を、なんとかかんとか言いくるめて、やっと入園! ママが「やれやれ」と思ったのもつかの間。 ママにとっての試練は、これからだったのです…。   「おはよう〜」 「ねえねえ、今日空いてる?ランチしない〜?」 「旦那さんは何やってる人なの?」 「うちの旦那がさぁ〜、夜しつこくって…」   え?えっ? なにこれ!?   幼稚園は子供が ...

一人っ子の旦那がイヤ!わがまま男の特徴と対処法教えます!

結婚すると誰もが感じる「こんなはずじゃなかった!」というギャップ。 「思ったより甘えん坊!」 「意外とケチ…」 「男のくせに、細かっ!!」 思うところはさまざまです。 「ギャップがあって、かわいいvv」と思ってるあなたは、幸せ者。 「ギャップがあったけど…許せる」と思ってるあなたは、普通です。 「この、これはギャップじゃなくて裏切りよ!許せない、訴えてやるー(怒)」と思ってるあなたは…訴える前に一回落ち着きましょう(汗)   本日のテーマは、ずばり『一人っ子旦那はわがままなのか!?』です。 結婚 ...

付き合いたくないママ友の誘いがしつこい!やんわり上手に断るコツ

もうこの人の顔も見たくない…。 そう思っても、なかなか関係を断ち切れないのがママ友の辛いところ。 そして、ママ友には複雑な人間関係がつきものです。 片方は「仲良くしたい!お友達になりたい!」と思っていても、相手はそう思っていない場合も…。 「べつに表面だけのお付き合いができればいいわ」と考えるママも少なくないのです。 ママ友同士でベタベタするのは嫌なんだけど、子供同士の関係は保っていきたい…。 だけど、毎日ランチなんて耐えられないっ!! どうすればいいの〜(泣) そんな悩めるママ必見! 子供同士が仲良くし ...

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.