【管理人】yakkoのプロフィール

はじめまして。

このサイトの管理人をしてます「yakko」です。

私の簡単なプロフィールはこちら↓

プロフィール

【出身】:兵庫県(兵庫県在住)
【年齢】:30代
【血液】:AB型
【家族】:夫と子供3人[男(10)⇒女(8)⇒女(6)]
【性格】:細かいことは気にしない・二重人格
【仕事】:歯医者受付・助手
【趣味】:ランチ巡り・買い物・美容とオシャレ・三代目のライブ・恋愛相談にのることw
【好きな歌手】:三代目 J Soul Brothers(今市)・安室奈美恵・ドリカム・AI・ジェネレーション
【好きなお菓子】:セブンシュー・堅あげポテト関西だし醤油・キットカット抹茶味
【好きな食べ物】:ななチキ・鰆の炙り
【好きなコンビニ】:セブンイレブン

 

今でこそ、子供たちが大きくなったので楽になりましたが、子供たちが小さい時はほんっっっと~に大変でした…。

  • 長男は扁桃腺肥大ですぐに高熱が出る…。
  • 真ん中の娘は夜泣きがひどく寝れない日々が続き…。
  • 一番下の娘は・・・0歳の時に私が落としてしまい、頭蓋骨を骨折…(T_T)

他にも、ここには書ききれないほどのトラブルや問題に悩み苦しみました。その当時は本当にほんとうにつらかった。。。

でも、あの大変な時期を乗り越えたからこそ、今は笑顔の絶えない幸せな日々を送れているんだと思います。

私の経験したことが、今、子育てで悩んでいるママさんたちに少しでもお役に立てれば嬉しいです(^^)

待望の妊娠!8か月目に階段から落ちる

初めての妊娠。

当時はまだ若かったということもあり、ムダに動き回っていました。

ある日、洗濯物を干すために階段を上っていると、足をスカっと踏み外し、クルっ、そのままズドドドドドン・・・

 

・・・・・

 

「痛った~・・・」

 

幸い、お腹は強打せずにお尻を強打しただけで済んだので大事には至らなかったんですが、その衝撃でお腹の赤ちゃんがクルっと反対向いてしまいます。

・・・いわゆる逆子ですね(^^;

 

その後、逆子を治すために、針治療やお灸、逆子体操などをやってみるもいっこうに治らず、、、

無痛分娩をする予定だったんですが、けっきょく帝王切開で出産することになります。

 

2人目を妊娠!検診で「心臓が動いていない…」と言われる

長男を出産してから1年後に2人目を妊娠。

一人目の時とは違い、やたらお腹が痛くなる・・・なんかおかしい・・・

で、8週目の検診の時、先生にこう告げられます。

「赤ちゃんの心臓が動いていません…」

・・・。

ショックでした(T_T)

 

半年後に再び妊娠~女の子を無事出産するも地獄が始まる・・・

流産してから半年後に妊娠、帝王切開で女の子を出産します。

「あ~良かった~♪」

と喜んでいるのもつかの間、ここからが私にとって地獄の始まりでした・・・

 

娘の鬼のような夜泣きと長男の看病で精神崩壊寸前に・・・

長男は扁桃腺肥大だったので、すぐに40度近い高熱が出てしまいます。

扁桃が異常に大きくなった状態。はれてのどが狭くなり、ひどくなると呼吸困難や嚥下(えんげ)・発声障害などを起こす場合もある。

引用:扁桃肥大(ヘントウヒダイ)とは - コトバンク

なかなか熱が下がらないのと息苦しそうなのとで常に目が離せない状態。

  • 熱が長引く
  • 抵抗力が落ちる
  • 肺炎になる

このパターンがすごく多く、肺炎だけでも3回ほど入院しました。。。


看病だけでも大変で体力を消耗しているのに、さらに追い打ちをかけるかのように娘の夜泣きが毎日続きます!

  • 母乳を飲ましてもダメ・・・
  • ミルクでもダメ・・・
  • トントンしてもダメ・・・

抱っこしてゆらゆら揺らしているとなんとか寝てくれるというお姫様ぶり…(ーー;)

「やっと寝てくれた~」

と思ってベットに寝かせたら、

「ォギャァアア~~~!!!」

・・・はぁ…

この繰り返しで眠れない夜が続き、どんどん精神的に病んでいきます…。

 

あの頃は、子供が何を求めているのか、どういった気持ちなのかもわからず、ついイライラしてしまい、

怒っても仕方ないってわかってるんですが、

「うるさいっ!!!」

って夜泣きする娘にむかって怒鳴ってました…。(ごめん…)

 

この状態が半年ほど続きます。

人間、寝れない状態が続くと頭がおかしくなっていくということを身をもって体験しました。

 

この時が一番つらかった…(T_T)

 

3人目を出産~不注意で落としてしまい頭蓋骨骨折

「赤ん坊を落としてしまうなんてありえない!」

そんな声が聞こえてきそうですが、これは誰にでも起こりうることなので、子供を守るためにも参考にしていただければと思います。

 

3人目の娘は、生後半年から保育園に預けていました。

上の子2人は主人が送り迎えしてくれていたんですが、まだ赤ちゃんだった娘だけは私が送り迎えしてたんですね。

 

で、いつものように車で保育園へ行き、左腕に子供のカバンをぶら下げ、その左腕で娘を抱っこしていました。

で、いつものように玄関まで歩いていく途中、安全のために通路の真ん中に設置してあった手すりにカバンが引っかかってしまい、抱っこしている腕が開いてしまってコンクリートの床にそのまま頭から落としてしまいます…。

 

ゴン!!!(バキッ)

 

何かが割れたような鈍い音がしました。

 

ま、まさか、、、し、死・・・

 

娘もなにが起こったのかわからなくて目を見開いたまま固まっていましたが、しばらくすると

「ギャ~~~」と泣き出すと同時に、

 

ゾンビのように顔色がどんどん青くなっていきます…。

 

頭を打ったところを触ると、

ボコン

と凹んでいたので、私はもうパニック状態!

 

そのあと、脳外科で看護師をしていた母親に電話し、母の働いている病院に連れていきました。

検査の結果・・・「頭蓋骨骨折」

脳内出血の検査もしましたが、その時は異常なし!

とりあえず頭蓋骨骨折だけだったのでほっと一安心。。。
(これだけでも大ごとですけどね…。)

 

そのあと、大きなこども病院に検査入院。

脳波に異常がないか…
その後脳内出血がないか…を詳細に検査。

結果、脳波には何の異常もナシ!脳内出血も出なかったので、無事退院することができました(T_T)

えーん…泣 良かった~( ノД`)

 

命の大切さに気づいてからは毎日が楽しくなった

この時に感じた恐怖や”後悔無力感は、今でもふとした時に思い出すことがあり、「あ”ーーーーっ」ってなります。

この経験があったからこそ、子供たちが元気でいてくれるだけでいいと思えるようになったし、子供たちに対して多くを望まないようになりました。

 

もちろん親として、しつけや教育はしっかりしないといけません。

言うことを聞かなかったりすればイライラもします。

 

でも、子供たちが元気に育ってくれる、たったそれだけですごく”幸せ”を感じることができるし、毎日を楽しく過ごすことができるようになりました(^^)

 

今では、娘と一緒に大好きな三代目のライブに行ったり、息子と冗談を言い合ったりして、楽しい日々を送っています♪

 

悩み苦しんでいるママさんの役にたつ情報を届けたい!

~京都で撮った家族写真~

今、ネット上には膨大な情報があふれかえっています。

その中で、あなたと同じような環境で子育てをしている人の情報ってどれくらいあります?

100人いたら100人が違う環境で子育てを頑張っているので、参考にできる情報ってなかなか見つからないですよね?

それを探すのも大変だし、探すのがめんどくさいからって育児書どおりにやってもうまくいかないし…。

 

そんな悩みを持っているママさんたちのために、たくさんの人の経験から得たリアルな情報をひとつのサイトで発信したい!と思い、私はこのサイトを立ちあげました。

 

私自身、ひとりで子育てをやってきたわけじゃありません。たくさんの人に支えられ、助けてもらいながら、なんとかツラい時期を乗り越えてきました。

いろんな役に立つ情報を教えてもらったり、悩んでいる時はアドバイスをしてもらったり…。

そのおかげですごく助けられました♪

 

こんどは私が助けたい!と思っています。

 

このサイトでは、たくさんのライターさんに自身の体験談を交えた役立つ情報を書いてもらったり、時には数百人からアンケートをとってリアルな情報をまとめたりと、ここでしか見られない情報をどんどん発信していこうと思っています。

 

あなたの子育てが少しでも楽になり、ちょっと幸せな気持ちになる♪

 

そんなサイトを作っていきたいと思っていますので応援していただけると嬉しく思います(^^)

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ご意見、ご要望があれば、お気軽に⇒こちらからメッセージをお願いします。

-プロフィール

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.