産後正社員からパートにしてよかった!育休明けに決意した私の選択


育休を終えてついに復職となると、いろんな不安がありますよね。

子供の保育園のこと、自分の仕事のブランクのこと、旦那との家事分担のこと…などなど。

その中でも

 

そもそも正社員として働き続けることができるだろうか?

 

という心配は、ワーママの大きなテーマでしょう。

妻であり母であり社会人。三足のわらじを履くことに不安を感じ、正社員からパートになろうか考えるママもいると思います。でも、実際パートに変えるってどうなんだろう…?

 

私は産後、正社員として復帰した後にパートに切り替えました。

結論から言うと、私はパートにして良かったです!!

もちろん、良いことずくめではありませんが、パートに変えたことで、それまで悩んでいた色んなことが解決しました。

 

ここでは

  • 正社員からパートになるまでの過程
  • その体験から感じた、パートになることのメリットとデメリット

についてご紹介します。

自分のキャリアのこと、子供のこと、家計のこと、いろいろ考えて悩ましい日々を送っているママに、気楽に読んでもらえたらと思います(^_^)

産後に正社員からパートになるのってどうなの?

正社員からパートに変えようかな、と思うママは、こんなことが心配なんじゃないでしょうか。

  • 育休取ったのに、結局辞めるんかい!と職場の人に思われる
  • 世帯収入が下がる
  • パートの仕事にやりがいをもてるか心配

正社員の待遇って最強ですからね。

 

特に二人目を考えている人は、産休と育休、その間の手当のことを考えると、正社員でいることにこだわるのは当然です。

しかも(よっぽどの資格を持っていれば別ですが)、子供を産んでから正社員として再就職するのは、狭き門です。

それでも、私は復職後に正社員を辞めてパートになりました。

 

辞めた理由はただ一つ。

本当に本当に毎日が辛かったから!

次の章で私の体験談をご紹介しますね。

 

育休明けに正社員からパートになった私の体験談

厳しい上司と、甘い考えだった私

私の仕事は立ち仕事で体力勝負なところがあります。寿退社や妊娠して退職する女性社員は、多い方だと思います。

つまり、育休明けの社員がいることが、まだ当たり前じゃない会社だったのです。

それでも、育児中の「時短勤務制度」はあったので、それを利用して復職しました。

 

復職して最初の上司は、

「子供が熱出したから休むって、毎回そうするつもり?あなたに周りは振り回されなきゃいけないの?」

という考えの人でした。

正直、私は「会社の転勤で両方の実家が頼れないところに住んでるわけだし(旦那も同業者)、育児中の制度があるのにそこは加味してくれないの?代勤を探すことも許されないの?」と思っていました。

今考えれば甘いな〜と思います。

 

でもブランクのある仕事に、育児に、その当時は奮闘していて、上司の言葉がとてもキツかったです。

復職したてで子供が熱を出すことはよくありました。

病児保育室の登録を何箇所にも増やし、何がなんでも休んじゃいけない、と自分に課しました。

旦那の仕事は当時とても忙しく、相談はできてもほとんど頼りにできなかったので、孤独でしたよ(TT)

 

それでも仕事は楽しい!

仕事自体はやりがいがあったし、好きでした。

育児中って、自分の成長や評価ってすごく縁遠いものに感じませんか?

仕事では、それがちゃんと目に見える形で返ってくるんです!

熱中していたんですね。家に仕事を持ち帰って、子供が寝てから深夜までやったこともありました。

休みが少なくなっても全然オッケーって感じで、働いていました。

 

優先順位がわからなくなってくる

ある朝、子供が熱を出しました。

何がなんでも仕事を休まない、を自分に課していた私は、最初にこう思ったのです。

「全く、なんで、また熱だすんだよ!?

ハッとしました。

 

具合が悪そうな我が子に真っ先にこんなこと思うか?そんな母親に私なりたかった?

自分で自分にゾッとしました。

こんなこともありました。

朝起きるとアレルギーの発作で、子供の体が全身真っ赤に腫れていました。

救急医療相談に電話し、すぐ救急車を呼ぶよう指示を受け、そのまま救急車で病院へ。

救急車の中で、職場に連絡を入れました。

「こういう理由で、出勤時間に間に合いません」と。

お昼前には診察を終え、自宅で様子を見てください、というところまで落ち着きました。

とは言え、まだ息子の体は蕁麻疹があちこち現れては消え、を繰り返していました。

私は「今日は休ませて欲しい」と伝えるために、上司に連絡しました。

 

ところが、私の口からでたのは「子どもは落ち着いたので、今から仕事に行きます」という言葉。

この時から、自分の中の優先順位がわからなくなってきました。

はっきりわかっていたのは、私がなりたいのはこんな母親じゃない、ということでした。

 

正写真からパートに切り替える

その後も色々あり、パートに切り替えたいと強く思うようになりました。

主な理由は以下の4点です。

  1. 私の優先順位は子ども、家庭、仕事の順だとはっきり意識した
  2. このまま正社員を続けていけば、確実に自分のことが嫌いになる
  3. 時間的に余裕を持たせて、子供のアレルギー治療にもっと専念したい
  4. 激務な旦那と激務な妻では、家庭が成り立たない

それでも、辞めることは逃げることだと思っていたので、旦那に話した時は悔しさで泣いてしまいました。

それまでも弱音を吐くことはありましたが、旦那はいつも「もう少しだけやってみよう」と励ましてくれました。

そんな旦那が、このときばかりは「辞めていいよ。」と言ってくれました。

思い立ったら早い私なので、その翌月には退職。

 

正社員を辞めるときの周りの反応は様々でしたが、辞める間際の私は余程死にそうな顔をしていたんでしょう(笑)

「少しゆっくりしな」という優しい反応が多かったように思います。

仕事自体は好きだったので、同じ会社の違う支店ですぐにパート職に就きました。

前の職場からは少し離れたところです。なんとなく気まずかったので…。

パート先の支店には、独身時代お世話になった同僚がいたので、色々と相談しやすかった点も、そこに決めた理由でした。

 

パートになってから

良かったこと

  • 時間的にも気持ち的にも余裕ができ、毎日が楽しくなった
  • そのせいなのか、単に丈夫になっただけなのか?子どもが熱を出さなくなった
  • 子どものアレルギー治療を進めることができた
  • 不妊治療にも取り組むことができた
  • 仕事がもっと好きになった
  • 家族三人で過ごせる休日をもてるようになった

 

悪かったこと

  • やっぱり家計は少し厳しくなった
  • 正社員だったら任せてもらえた仕事が、任せてもらえなくなった

私は、パートになって良かったことの方が多かったです。

仕事も、育児も、妻としても、バランスのとれた生活が送れるようになったからだと思います。

 

育休明けにパート希望をする方たちに伝えたいこと

私の体験談から、パートに切り替えるメリットとデメリットをまとめてみます。

 

メリット

  • 子どもと向き合える時間が増える
  • 時間や出勤日数をある程度自分で決められるので、働きやすい
  • 部署の異動や転勤はない

 

デメリット

  • 給料や待遇の面ではガクンと下がる
  • 二人目を妊娠しても産休育休は取れない
  • 任せてもらえる仕事が減る

 

パートでもやりがいは感じられる?

正社員として働いているママが、パートを意識し出したときに、給与面と同じくらい気になるのがこの点ではないでしょうか。

結論から言いますと、私は、感じられました

もともとやっていた仕事だったので、新人さんの教育を任せてもらえることがありました。

また、社員がいない時間の責任者もやりました。

正社員のときのような大きな仕事はできませんでしたが、小さな日常の仕事でも責任感を持ってやることで、やりがいを見つけられましたよ(^_^)

結局、自分次第です!

 

まとめ

ここまで、私の体験談とともに、

正社員からパートに切り替えて感じたメリット・デメリットをご紹介しました。

私の周りには正社員として頑張っているママはたくさんいます。

とても尊敬しているし、ああなりたかったな、と思うこともあります。

だけど、私はパートにしたことで得るものはたくさんありました(^_^)

何より、自分らしく働くことができたと思っています。

自分や子供の将来に関わってくると思うと、慎重に決めざるを得ませんが、どの道を選んでも自分次第できっと上手くいきます。

あなたらしく働ける方法が見つけられますように!

【PR】

-ワーママ, 産後
-

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.