芋掘りのさつまいもの食べ頃は?熟成保存で超甘くなる?

今年も秋がやって来ました!

サツマイモの季節到来ですね(^ ^)

幼稚園や保育園で、お芋堀の行事があるってところも多いんじゃないでしょうか。

自分で掘ったお芋を食べるっていうのは、とってもいい経験になります。

「さっそく天ぷらにして晩御飯に出そう〜♪」って思っちゃいますよね。

 

実は、芋掘りのサツマイモって、すぐに食べるとあんまり美味しくない‥^^;

なんかね、ボソボソして甘みがあんまりありません(笑)

芋掘りのサツマイモは、寝かせて熟成させてあげると、すっごくあま〜くなるんですよ\(^^)/

 

だけど、保存方法を間違うと、傷んで食べられなくなっちゃいます‥。

そこで今回は、芋掘りのサツマイモを甘くする保存方法についてご紹介します。

子供が一生懸命掘ってきたサツマイモを、家族みんなで美味しく食べましょう♪

すぐに食べたいけど我慢?お芋掘りのさつまいもの食べ頃を教えて!

掘ったばかりのお芋って、甘さがあまりなくて、ボソボソしています。

私もすぐにふかし芋にしたて食べたことがあるんですが、正直おいしくありませんでした(^_^;)

サツマイモには「でんぷん」がたくさん含まれています。

この「でんぷん」は、収穫してから時間が経てば経つほど「糖」に変化していきます。

 

つまり、時間を置くほどあま〜くなっていくということ(^ ^)

収穫したばかりのお芋は、まだでんぷんだらけなのでおいしくないんですね。

なので、掘ってきたお芋は、寝かせて熟成させてから食べることをオススメします。

サツマイモが甘くなってくるのは、1〜2週間後くらい。

できれば、2〜3ヶ月寝かせてあげると、かなり甘くなりますよ。

 

さつまいもは保存で甘くなる?熟成させておいしいお芋を食べよう!

掘ったサツマイモは、寝かせてあげると甘く美味しくなります。

だけど、保存方法には注意!

気をつけないと、2〜3日で傷んで食べられなくなってしまいます( ; ; )←私、経験者です(笑)

ココがポイント

掘ったサツマイモの保存は‥

よ〜く乾かす

湿気と室温に気をつける

 

それでは、サツマイモを甘くする保存方法について説明していきますね♪

 

土を落としてよく乾燥させる

掘ってきたサツマイモって、土がたくさんついてますよね。

土がたくさんついたままだと、乾くのに時間がかかってしまいます。

落とせるだけでいいので、手で払って落としてください。

ココに注意

水洗いは絶対にダメ!

皮に傷が入ったり水分を含むと傷む原因になります。

そして、陽の当たらない場所で、よ〜く乾燥させてください。

表面に残っている土がポロポロ落ちるくらいになればOK!

 

新聞紙に包んで段ボールに入れる

サツマイモを一本ずつ新聞紙に包みます。

こうすることで、湿気ず、皮に傷をつくことも防ぐことができます。

包み終わったサツマイモは、蓋に空気穴を開けた段ボールへ入れてください。

 

冷暗所に置く

サツマイモの保存の適温は、13〜15度くらい。

特に寒さには弱いので、冷蔵庫には絶対に入れないでくださいね!

部屋の中の、陽が当たらず風通しの良い場所に置いておけばバッチリです♪

 

やっぱり食べたい!掘りたてのさつまいもレシピを紹介!

寝かせて熟成させたほうが美味しいのはわかってるんだけど‥

とれたてのサツマイモを食べたい!!!

その日のうちに食べるほうが、子供も嬉しいと思います。

 

そこで♪

とれたてのサツマイモでもおいし〜く食べられるレシピをご紹介します(^^)v

ぜひお子さんに作ってあげてくださいね〜

 

サツマイモチップス

サツマイモを、うす〜くスライスするので、とれたてのボソボソのサツマイモでも関係ナシ!

パリッパリに揚げたら、塩や砂糖を振るだけで、美味しく食べられます( ^ω^ )

 

大学芋

サツマイモを使った子供が喜ぶ料理といえば、大学芋!

寝かせたサツマイモのほうが美味しく出来るんですが、とれたてでも美味しく食べられます!

タレでしっかり味をつけますからね♪

 

サツマイモは、じっくり加熱すると甘くなる!

低音でゆっくり揚げると美味しくなりますよ〜

 

まとめ

掘ってきたサツマイモの食べごろは、1〜2週間後!

できれば、2〜3ヶ月寝かせてあげるのがベストです♪

NGなのは、水洗いと冷蔵庫!

この2つは絶対にしちゃダメですよ〜

サツマイモは、よく乾燥させて、部屋の涼しい場所で保存!

子供の思い出たっぷりのサツマイモだから、家族みんなで美味しく食べられるといいですね。

【PR】

-芋掘り
-

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.