混合育児のスケジュールのたて方教えます!上手なミルクの足し方とは

完母で育ててきたママが混合育児に切り替える時に絶対に悩むこと…それは‥

「ミルクってどれくらいあげればいいの!?」

むずかしいですよねぇ‥

母乳だけなら飲みたいだけ飲ませればいいし、ミルクだけなら決まった量あげればいい。

けれど、混合の場合は???

授乳量が足りないのもあげすぎなのも、赤ちゃんにとっては良くありません。

そこで今回は、混合育児のスケジュールのたて方と、ミルクの足し方についてご紹介します。

コツを掴めば、あなたも混合育児を安心して楽しめます♪

教えて!ミルクの作り方と湯冷まし

赤ちゃんにミルクを飲ませようと思っても、初めてあげる場合は、作り方がわかりませんよね。

まずは、ミルクの作り方について、詳しく解説しています( ^ω^ )

 

ミルクの作り方

粉ミルクっていろいろ種類がありますよね。

メーカーによって、それぞれ味が違うんですよ(^ ^)

でも、作り方はどれもだいたい同じ。

まず準備するものは‥

  • 粉ミルク
  • 哺乳瓶
  • お湯
  • お水

お湯は電気ケトルなど、少量をすぐに沸かせるものを使うと楽ですよ♪

 

それでは作り方をご紹介!

 

step
1
お湯を用意する

お湯は70度くらいのものを用意しましょう!

これより冷たすぎると粉ミルクが溶けないし、これより熱いとミルクの栄養が壊されてしまいます。

 

step
2
哺乳瓶に粉ミルクを入れる

粉ミルクのパッケージに書いてある容量分、哺乳瓶の中へ入れてください。

 

step
3
お湯を注ぐ

お湯は、完成量の1/3だけ入れるようにしましょう!
全てお湯で作ると、冷ますのに時間がかかってしまいます。

 

step
4
湯冷ましを入れる

残り2/3の量の湯冷ましを入れて蓋をし、ゆっくり振りましょう。

 

哺乳瓶と乳首は一回使うごとに消毒してくださいね。もちろん、ミルクを作るママの手も清潔に。

 

ミルクが熱い時の対処法

赤ちゃんのミルクの適温は約40度。人肌と同じくらいの温度です。

ミルクを作ったら、必ず腕の内側に少量ミルクを出して温度を確認してください。熱いなと感じたら、冷ましてあげる必要があります。

私は、ボウルの中に冷水を入れて、その中に哺乳瓶を入れ、ぐるぐるかき回してました。

結構すぐ冷めてくれますよ(^ ^)

他には、水道水を哺乳瓶の上から当てて冷ますという方法もあります。

 

こんなときはどうする?混合育児のスケジュール!

母乳は消化が早いので、欲しがるだけあげるのが一般的ですよね。

しかし、ミルクを欲しがるだけあげるのはNG!

胃腸に負担がかかるし、吐き戻しの原因にもなります(°_°)

混合育児をする場合は、しっかりと授乳のスケジュールを立てましょう!

 

それでは、月齢別のスケジュール例をご紹介しますね。

新生児期〜生後2ヶ月

  • 3時間ごとに授乳する
  • ミルクをあげる場合は必ず3時間あけ、その間に欲しがったら母乳をあげる

生後3ヶ月〜生後5ヶ月

  • 4時間ごとに授乳する
  • 徐々に授乳の感覚があいてくるので、夜間も起きなければ授乳をしなくても大丈夫

生後6ヶ月〜生後7ヶ月

  • 4時間ごとに授乳する
  • 離乳食を始めていても、栄養は授乳がメインなので量は変える必要ナシ

生後8ヶ月〜生後11ヶ月

  • 授乳は朝起きた時と夜寝る前だけに
  • 離乳食メインにシフトしていくため、離乳食後の量は減らしていく
  • 寝る前に授乳したら朝まで授乳ナシでもOK

1歳以上

  • 授乳をやめてもいい時期
  • 離乳食後の授乳もナシでOK

赤ちゃんの授乳ペースや飲む量には個人差があります。 欲しがった時に授乳間隔があいていなければ、他の方法であやしてあげてくださいね。

 

うちの子はどのくらい?混合育児のミルクの足し方

ママによって母乳の出る量って違いますよね。

ミルクを足すといっても、どれくらいの量にすればいいのかわからない‥そんなママもいると思います。

ミルクの足し方をマスターして、混合育児を楽しみましょう( ^ω^ )

 

母乳メインの場合

母乳を先に飲ませて、後からミルクを飲ませる場合は、授乳時間が3時間あくようにミルクの量を調整します。

まずは、時間を決めて母乳を飲ませましょう!だいたい、片方10分ずつの合計20分というママが多いですね。母乳を飲み終わったらミルクですが、まず初めはママの感覚で量を決めてください。

赤ちゃんがよく飲んでたな〜と思ったら量を減らし、あんまり飲んでなかったな〜と思ったら量を増やしてくださいね。

もしミルクが足りなかった場合は、赤ちゃんはすぐに泣くし、多すぎた場合は、次の授乳で飲んでくれません。繰り返していくうちに、ママも徐々にコツをつかめると思うので、実践あるのみですよ( ^ω^ )

母乳の前後にスケールで体重を測ると、母乳をどれだけ飲んだか確認できますよ。

 

ミルクメインの場合

いずれ母乳をやめてミルクへシフトしたい人には、ミルクを先に飲ませるのがオススメ。

しかしミルクメインの場合は、注意が必要です。

ママのおっぱいは、赤ちゃんに飲まれることで新しい母乳を作ります。初めから大量のミルクを与えてしまうと、母乳の飲む量が減るので母乳が出なくなってしまったり、乳腺炎になったりする可能性があります(°_°)

徐々にミルクの量を増やしながら、ママは搾乳でおっぱいのケアをしてくださいね。

 

まとめ

今回は、混合育児のスケジュールのたて方とミルクの足し方についてご紹介しました。

  1. ミルクは授乳間隔をあける
  2. 途中で欲しがった場合は、母乳をあげる
  3. 離乳食が始まったら、徐々に量を減らしていく
  4. 1歳からは授乳をやめてもOK
  5. 母乳をどれくらい飲んだかで、ミルクを足す量を決める
  6. 完全ミルクに移行したいなら、ミルクを先にあげる

混合育児に切り替える時に気をつけて欲しいのが、赤ちゃんの体重。

ミルクのほうが栄養がいいので、混合育児にすると、母乳のみの時より太りやすくなります。

それなのに、体重が伸び悩んだ場合は、ミルクを足す量が足りていません!

また、体重の増えすぎの場合は、ミルクが多すぎるという事ですね。

最初は難しいかもしれませんが、そのうち、赤ちゃんにぴったりなペースがみつかります!

早くコツがつかめるといいですね(^ ^)

【PR】

-授乳・ミルク
-

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.