赤ちゃんがよく寝るツボの効果は絶大!?寝かしつけが超楽になる3つのテク

赤ちゃんがなかなか寝てくれなくて困ったことってありませんか?

添い寝しても、トントンしても、子守歌を歌ってもダメ…。

私は、気づいたら1時間経ってたなんてこともありました(T_T)

そんな悩めるママにオススメしたいのが「ツボ押し」!

ツボを押すと血行が良くなって赤ちゃんが寝付きやすくなるんですよ(^ ^)

赤ちゃんとのスキンシップもとれて一石二鳥です!

今回は、赤ちゃんが眠くなるツボの効果と、寝かしつけを楽にする方法についてご紹介します。

赤ちゃんがよく寝るツボの効果は?

赤ちゃんがよく寝るツボって本当に効果があるの?

ツボって目に見えないので、なんだか疑わしいと思う方もいると思います。

そこで、実際にツボ押しを赤ちゃんに試してみたママの口コミをご紹介します(^ ^)

 

 icon-comments 「TVで紹介されていた足つぼマッサージ。試しにやってみたら、本当にコロッと寝てくれてビックリ!」

ツボ押しをしたら、スルッと寝てくれたというママが多かったです。赤ちゃんにもツボ押しって本当に効果があるんですね(°_°)

 

 icon-comments 「いつも寝る前にやっていたマッサージを眠くなるツボ押しに変更。いつもより寝つきが早く、夜起きることも減った気がします。」

ツボ押しは寝る前のスキンシップにもなります。ただマッサージするだけじゃなく、ツボ押しも取り入れると、より赤ちゃんが寝付きやすくなりますね( ^ω^ )

 

 icon-comments 「寝る前にツボ押しを習慣化していたら、寝る時間になると足を差し出してくるようになりました(笑)
赤ちゃんにとってもツボ押しって気持ちがいいみたいです。」

足を差し出してくるなんて可愛いですね!それほどツボ押しが気持ち良かったのでしょう(^ ^)

 

神業的!眠くなるツボ公開!

それでは、ママ絶賛の眠くなるツボについてご紹介していきますね♪

まずはポイントから!

  1. 食後は控える
  2. 強く押さずにゆっくり優しく押す
  3. 赤ちゃんが嫌がるときはやめる

この3点を必ず守ってくださいね♪

 

■失眠(しつみん)

失眠は、かかとの真ん中にあるツボ。不眠だけでなく、むくみにも効果があります。親指で垂直にゆっくり押してくださいね。

 

■湧泉(ゆうせん)

湧泉は、土踏まずのくぼんだ所のほぼ中央にあるツボ。全身の血行が刺激されるので、冷え性にも効果があります。このツボは強く押すと痛いので、優しく押してあげてくださいね。

 

■三陰交(さんいんこう)

三陰交は、内くるぶしの頂点から指幅4本分上がったところの、骨と筋肉の境目にあるツボ。このツボも血行を促進するので冷え性にも効果があります。赤ちゃんではなく、大人の場合は温灸をしても効果的ですよ。

 

■安眠(あんみん)

安眠は、耳の後ろにある、下に向かって尖っている骨から、およそ指の幅1本分下にあるツボです。その名の通り、血行を良くして安眠に導くツボです(笑)中指の腹で軽くゆっくり骨をなでるように押してください。

 

■合谷(ごうこく)

合谷は、手の甲の親指と人差し指のちょうど分かれ目にあるくぼみの部分です。ストレス解消や肩こり、胃腸の不調など、いろいろな効果があることから「万能のツボ」と呼ばれているんですよ(^ ^)

 

ツボ押しは寝る30分前に行うのが理想的です。1回5秒×3回で効果があります。

 

寝かしつけが楽になる♪赤ちゃんが眠くなる方法3選

赤ちゃんの寝かしつけって大変ですよね。

そこで、私が保育士の友人から教わった寝かしつけテクをご紹介♪

どれも私が実践して効果は実証済みですので、ぜひ試してみてくださいね( ^ω^ )

 

眉間を撫でる

眉間を優しくグルグルと撫でてあげると、赤ちゃんは落ち着きます。

私ちょうど今子供を寝かしつけたところなんですけど、久しぶりに眉間を撫でてみたところ、30秒で寝ました(笑)

それまで寝たくないとゴロゴロ転がってたんですが、眉間を撫でると、ロボットのスイッチがオフになったように目がトロリと閉じていきましたね。

ぜひ一度試してみてください♪

 

背中ボスボス

トントンしながら寝かしつけをするママも多いんじゃないでしょうか。

1番寝かしつけに効果がある叩き方は、背中の下の方、お尻の少し上あたりを「トントン」というより、「ボスボス」と叩く方法です。

ボスボスは、ちょっと痛いかも?くらいの強さで叩くと、そんな音が出ます。

うちの息子も優しいトントンより、割と激しめなボスボスが好きです( ^ω^ )

より揺れがおこりやすいので寝やすいようですね。

 

疲れさせる

大人も疲れたら眠くなりますよね。

赤ちゃんもそれは同じなので、寝るまでの間に走り回ったりしてヘトヘトにさせましょう!

一緒に遊んだことで心も満たされているし、体も疲れているので寝つきやすくなりますよ。

体だけじゃなく、頭を使って疲れさせるのもOK。 絵本を読んだり、質問に答えるような会話が効果がありますよ。

 

まとめ

今回は、赤ちゃんが眠くなるツボの効果と、寝かしつけを楽にする方法についてご紹介しました。

  1. ツボ押しは赤ちゃんが眠くなる効果アリ
  2. 眉間を撫でる
  3. 背中ボスボス
  4. 疲れさせる

なかなか寝ないとイライラしてしまう寝かしつけですが、この時間も赤ちゃんにとってはママとのスキンシップの時間。

スキンシップは赤ちゃんの心を安定させるし、親子間の信頼関係も築くことができます。

今回紹介した方法は、全てママと赤ちゃんが触れ合う方法なので、とってもオススメ( ^ω^ )

ぜひ試してみてくださいね♪

【PR】

-寝かしつけ
-

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.