嫁姑の不仲の原因と嫌な姑の特徴!ストレスフリーで仲良くするには

嫁姑の関係って「仲良くやっていくのは大変(:_;)」と思うのはあなただけではありません。

お姑さんってお嫁さんには厳しく怖いイメージが強いですよね。

けど、本当はお嫁さんのことをしっかり考えてくれる良いお姑さんかもしれません。

うまく関係を築いていきたいと思っているのはお姑さんの方も一緒だと思うのですが、言ってしまえば結婚前は赤の他人同士な訳で急に仲良くやっていくのは大変ですよね。

嫁姑問題がこじれて深刻化しまうと旦那さんとの関係が悪くなったり、家族全体にも嫌な雰囲気が出てしまいます。

まだそこまで泥沼化していないのであれば、今からでも改善していくことができます。早め早めに対処していきましょう。

何が理由?嫁姑が不仲の原因

お嫁さん側に問題がある場合とお姑さん側に問題がある場合と理由は様々だと思います。

 

同居は不仲になりやすい

きっとあなたも結婚後は同居したくないと思っていたかと思います。

けど、事情があって同居している

「こんなはずじゃなかった」と同居後に不仲になってしまった場合、逃げ場が欲しくなりますよね。

お姑さんとは世代も育ってきた環境も全く異なり、性格や考え方、モノの見方など違いがあるのは当然です。

最初は広い心で受け止めることができても段々と気になるようになっていくこともあるかと思います。

また、夫婦の部屋にお姑さんが突然入ってきてプライバシーがなかったり、子供の食事中に

「そんなもの食べさせちゃダメだ」

と子育てに口出しされたり、自由が無くなるのもつらいですよね。

1番くつろげるはずの家の中がこれじゃストレスもたまっていってしまいます(:_;)

 

当てはまってる?嫌な姑の特徴

お姑さんにとって自分は大事な息子を想ってくれる人と思ってもらえれば良いのですが、中には自分から可愛い息子を奪った憎き相手と思う方もいます。

そんなマイナス感情を抱かれてしまっては、自分は仲良くしていこうと頑張っても大変ですよね。

お姑さんが子離れができていない場合、お姑さん夫婦の仲が悪かったり、死別等で1人身の場合、頼れるのは旦那さんである息子しかいない場合、こうなったら手強いです。

旦那さんに間に入ってもらい、 しっかり対処していきましょう。

 

これで解決!嫁姑が仲良くするための3つの方法

嫁姑問題というと理由が様々あり、複雑に感じますが、そんなことはありません。

所詮は『人と人との関係』です。

あなたはこれまで誰かと友達になるとき、どうやってその人と友達になりましたか?

  1. 何かのきっかけでコミュニケーションを取り始めた。
  2. だんだん相手のことがわかってきて距離が近づき、一緒にいることが多くなってきた。
  3. 一緒にいることが心地良く、友達になった。

簡単に言えば、こんな感じではないでしょうか。

友達を作る場合は時間をかけてお互いに理解を深めていきます。

このように人間関係の構築にはいくつかのステップがあり、徐々に距離感が縮まっていきます。

しかし、嫁姑関係というのはこのステップを飛び越えて結婚した瞬間に構築されてしまいます。

そんなただでさえ大変な嫁姑関係ですが、仲良くやっていく方法をまとめてみました。

 

記念日は忘れずに

お姑さんのお誕生日や母の日はプレゼントを贈りましょう。

普段言いづらい感謝の気持ちも伝わります。

できれば息子である旦那さんと一緒に選ぶと好印象を与えられると思います。

 

素のままで接する

はじめのうちは「良い嫁」を演じてしまうと思いますが、これから先何十年と長いお付き合いになるため、いつか疲れてしまいます。

焦らずに力を抜いて接していきましょう。

 

旦那さんの悪口を言わない

息子である旦那さんの悪口を言われてしまったら、お姑さんだって悲しい気持ちになりますよね。

こっちとしては旦那さんをネタとした冗談話のつもりでも、トラブルにつながったということも少なくありません。

お姑さんの前では旦那さんを呼ぶときの呼び方なども気をつけましょう。

 

まとめ

嫁姑問題はこじれたまま時間が経ってしまうと修復するのも困難になっていってしまいます。

なので、早い段階から旦那さんにも介入してもらい、夫婦2人で解決していきましょう。

1番大切なのは『夫婦の絆』です。

大好きな旦那さんと結婚したのに、お姑さんとの関係で夫婦仲まで悪くなるなんてそんな悲しいことはないですよ!

はじめから嫁姑が円満な家庭は少ないと思います。気長に構えて無理せずに付き合っていきましょう。

【PR】

-義両親問題

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.