子供が優秀な家庭の親はどんな人?優秀な子に共通する家庭環境を調査!

うちの子を優秀な子に育てたい!

「どんな育て方をしたら優秀な子に育つの??」

 

勉強もできて、礼儀もきちんとしているような優秀な子って、クラスに一人はいますよね。

たくさん習い事をさせたり、さぞ厳しく子育てしているんだろうと思われるかもしれませんが、そのようなご家庭は決して厳しく躾けているわけではないって知ってました?

 

ポイントは「家庭環境」

 

家庭環境を見直すだけで、あなたのお子さんも優秀になるかもしれませんよ(^ ^)

今回は、優秀な子に共通する家庭環境についてご紹介します。

子供が優秀!親はどんな性格なの?大学は?

「この子、優秀だな〜!」っていう子って身近にいませんか?

私も近所に、どんな育て方したらこんないい子になるんだろうなぁって、おもわず思ってしまうような優秀な子がいます(°_°)

子どもが優秀な家庭の親にはどんな人が多いのか、ママたちの声を聞いてみました!

 

 icon-check 親が高学歴

やっぱり親が賢いと子どもも賢くなるということでしょうか?!

優秀な子は遺伝子から優秀なんですかね(°_°)

 

 icon-check 母親が専業主婦

専業主婦だと習い事がたくさんさせられるし、子どものためにたっぷり時間をかけられるので、子どもが優秀になりやすいんじゃないかという意見が多かったです!

 

 icon-check 夫婦仲がいい

子どもが優秀な家庭は夫婦仲が良いことが多いようです。

お父さんとお母さんがお互いを尊重して助け合っている方が、子どもの教育には良さそうですよね!

 

優秀な子供はやはり遺伝子が関係してるのか!?

優秀な子どもはなぜ優秀なのでしょうか??

やっぱり持って生まれたものがあるのでしょうか(°_°)

児童心理の分野から専門的に調べてみました!

 

遺伝説

遺伝が関係あるのかという研究では、双子を使ったものがあります。

  • 別々の親に育てられた双子
  • 同じ親に育てられた双子

の性格を調べました。

すると、どちらの双子にも性格の違いはほとんど見られなかったそうなんです!!

ということは‥、遺伝が影響を及ぼしていると言わざるを得ないですよね。

似たような実験が何度か行われた結果、

「遺伝との関連性は無視できない」

と、児童心理の分野ではいわれています。

 

環境説

もちろん遺伝子だけで100%決まってしまうわけではありません。

産まれた後の環境も大切な要素になります。

マイナス面でいえば、汚い言葉を使う親に育てられれば、子どもは汚い言葉を使うようになるし

プラス面でいえば、綺麗好きな親に育てられれば、子どもは綺麗好きになるでしょう(^ ^)

遺伝と環境がどれくらい影響するのかは、「遺伝:環境=5:5」といわれています。

 

高学歴の親だと、優秀になりやすいことは事実ですが、親が高学歴じゃなくても、子どもが優秀になる確率も全然アリだということですね!

遺伝と環境の割合は、8:2とすることもありますが、現在では5:5が有力であるとされています。

 

優秀な子の家庭に共通するのはこの3つ

環境も5割ほど影響しているなら、諦めるのはまだ早い!

あなたの育て方次第でお子さんは優秀になれます♪

優秀な子に共通する家庭環境を調査しました( ^ω^ )

 

家族の仲が良い

家族の仲が良いお家の子どもは優秀な子が多いです。

仲が良いということは、家族がお互いを認め合っているということ。

親に認められて育った自己肯定感の高い子は、色々なことに挑戦できるなど、自主性が高いので優秀になりやすいんですね!

親が子どもの前でケンカをしないように!

親の不仲は子どもに精神的ショックを与えてしまいます。

 

親が本好き

あの東進予備校の林先生も言っていました。

「親が本を好きな子は、優秀になる!」

親が本が好きで家にたくさん本があると、子どもも自然と読むようになりますよね。

勉強の基本は国語力なので、国語力を上げることで全教科の授業を理解することができるそうです(°_°)

私も本が好きというわけではないですが、子どものために毎週図書館に通って、本が身近にある環境だけは作ってます(^ ^)

赤ちゃんの頃から読み聞かせをしてあげると、本に慣れ親しんでくれますよ。

参考

絵本の読み聞かせ
絵本の読み聞かせはいつからすべき?月齢が小さい赤ちゃんも喜ぶ方法とは

子供の教育にいいと言われる絵本の読み聞かせ。 張り切って読み聞かせてみたけれど、子供は全くの無反応‥。 「まだ言葉を理解できない乳児には、読み聞かせなんて意味がないのかな?」 こんなふうに考えていませ ...

続きを見る

 

朝ごはんをしっかり食べる

これは、単に朝ごはんを食べさせることが大事というわけではありません。

朝って忙しいですよね。

そんな中、家族の朝ごはんを用意するのは大変なことです。

ついつい、「適当に食べて!」となってしまいがちですが、しっかり朝ごはんを用意する親はそれ以外の生活習慣も、子どもにきっちりと身につけさせているはず。

基本的な生活習慣が身についている子は、授業中に眠くなったり意識が逸れることがなく、集中力があるので優秀になりやすいんですね。

 

まとめ

今回は、優秀な子に共通する家庭環境についてご紹介しました。

  1. 遺伝と環境の割合は5:5
  2. 家族の仲が良い
  3. 親が本好き
  4. 朝ごはんをしっかり食べる

ご紹介した通り、もちろん遺伝も関係はありますが、環境もとっても大切です。

基本的な生活習慣や挨拶などの礼儀、マナーなどは社会に出てからも必要となることなので、子どもにしっかり身につけさせておきたいですね。

ただ勉強ができるだけの子より、その方がよっぽど優秀で、誰からも好かれる人間になると思います( ^ω^ )

しかし、誰でもお子さんは優秀にしたいものです。

今回ご紹介したことを実践してみてくださいね♪

こちらも読んでみて

賢い子の親はどんな人が多い?優秀な子供の親の特徴ランキング!

Amita Amitaです。この記事は、私が小学校の先生をしていた時の経験をもとに書きました。   子供には賢く育ってほしい! 親なら誰もがそう思いますよね。 でも、どうすれば賢い子に育てる ...

続きを見る

-子供の教育
-

© 2020 ne-MaMa