ミルクの作りおきは保温状態だと危険?温め直しはOK?ミルクの疑問

赤ちゃんのミルクを毎回作るのって大変じゃないですか?

私の場合、特に夜間授乳がシンドかった…。

泣きじゃくる息子を抱っこしながらミルク作ってましたね(T_T)

「もうめんどくさいし、作り置きしちゃえ!」

と思ってしまいそうですが、実は、ミルクの作り置きって、とっても危険なんです(°_°)

ガッカリさせてしまったかもしれませんが、ミルク作りを楽にするアイテムがあるんですよ〜♪

今回は、ミルクの作り置き・温め直しの危険性と、ミルク作りを楽にするアイテムについてご紹介します。

安心安全な方法で、ミルク作りの負担を軽くしちゃいましょう( ^ω^ )

ミルクの作りおきは保温状態でどのくらい?やってもいいの?

ミルクの作り置きは基本的にNG!

粉ミルクのパッケージにも注意書きがあります。

どうしてダメなのか、理由をお話ししますね。

 

作り置きNGの理由

赤ちゃんのミルクって人肌の暖かさですよね。

温度でいうと40度前後。

実は、この温度、雑菌が大好きな温度なんです。

さらに、粉ミルクには赤ちゃんのために栄養成分がたーっぷり入っているので、雑菌にとってはまさにパラダイス(^^;

そのため、ミルクを作り置きしておくと、雑菌が大繁殖してしまうんです。

赤ちゃんは身体が弱いですから、そんなミルクをあげるのはとっても危険!

ミルクはあげる直前に作るのが安全でオススメです。

 

保存可能期間

ミルクの保存可能時間については、WHO(世界保健機関)とFAO(国連食糧農業機関)が発表しています。

  • 授乳されなかった粉ミルクはすべて調乳後2時間以内に破棄する
  • 冷蔵庫(5℃以下)で保存した場合、24時間をすぎたら破棄する

ということは…

2時間以内なら保温でOK?と思ってしまいがちですが、そうでもありません。

たしかに2時間保温しておいたものを使うことは可能ですが、これは、とっても清潔な状態で粉ミルクが作られた場合だけ。

無菌に近い状態で作らなきゃいけません(°_°)

そのため、粉ミルクのパッケージには、作り置きしないでくださいと注意書きがあるんですね。

大切な赤ちゃんですから、できるだけ作り置きは避けてくださいね。

赤ちゃんが口をつけたものは雑菌が繁殖しやすいので廃棄してくださいね。

 

何が問題?赤ちゃんのミルクは温め直しもNG?

せっかく作ったけれど、オムツを替えたりする間に冷めてしまった…

これって温め直しても平気?

実は、温め直しもNG!

では、その理由を説明しますね(^ ^)

 

雑菌は、高温や低温の時にはそんなに活動できません。しかし、常温になると、瞬く間に繁殖していきます。

温め直すということは、ミルクが一度常温になってしまったということ。

おそらく菌が繁殖してしまっているので、赤ちゃんには与えない方がいいです。

菌を殺すために高温で再加熱すれば…と思う方もいるかもしれませんね。しかし、高温で再加熱すると、今度はミルクの栄養成分が破壊されてしまいます(T_T)

赤ちゃんには、なるべく新しい、作りたてのミルクを飲ませてあげてくださいね。

 

それでも少しは楽がしたい!ミルクウォーマーを使って赤ちゃんにっこり!

作り置きも温め直しもダメですが、ママの負担を減らす強い味方がいます!

それは、ミルクウォーマー( ^ω^ )

哺乳瓶ウォーマーとも呼ばれていますね。

では、ミルクウォーマーについてご紹介します♪

 

ミルクウォーマーとは

粉ミルクを作るのに一番時間がかかるのって、お湯が沸くのを待つ時間じゃないですか?

その間赤ちゃんはギャン泣き…。

大変ですよね(T_T)

そんな悩みを解決してくれるのが、ミルクウォーマー!

ミルクウォーマーは、哺乳瓶に水を入れてセットしておくと、50~60℃で保温しておいてくれる機械です。

いちいちお湯を沸かす必要がないのでとっても便利♪

ちょうどいい温度ですので、冷ます必要もナシ!

ママは粉ミルクを入れるだけで、すぐに赤ちゃんに飲ませてあげることができます(^o^)

 

オススメの哺乳瓶ウォーマー

それではオススメの哺乳瓶ウォーマーをご紹介します♪

自分に合ったものを選んでみてくださいね。

 

 icon-gittip コンビ 調乳じょ~ず

沸騰したお湯を入れておくだけで、調乳に適した70度以上で保温しておいてくれます。

沸騰させたお湯を用意するのがめんどくさくない?と思うかもしれませんが、安心してください!

電子レンジを使用できますので、水を入れてチンするだけ♪

沸騰したお湯を簡単に用意できますよ。

ポットが露出していないから、ポット表面からの放熱を抑えることが可能。24時間いつでも調乳に最適な水温70℃以上をキープしてくれる優れものです( ^ω^ )

 

 icon-gittip yoomi 温めながら授乳できる高機能哺乳びん用ウォーマー(電子レンジ用ポッド付き)

こちらの商品は、哺乳瓶を温めておいてくれるのではなく、飲む時に哺乳瓶を温めてくれます。

なんだかすごい発想ですよね(°_°)

しかも、ボタンを押すだけ、たった60秒でミルクを適温に!

常に適温で授乳できるので、赤ちゃんも飲みやすいですね。

 

 icon-gittip PIPBABY 調乳用 保温スタンドボトルウォーマー

夜間って、いちいち哺乳瓶を消毒するのってめんどくさいですよね。

こちらの商品は、3本の哺乳瓶を温めてストックしておくことができます。

同じ哺乳瓶をすぐに消毒して再度使用する必要がないので楽チンですね。

 

まとめ

今回は、ミルクの作り置き・温め直しの危険性と、ミルク作りを楽にするアイテムについてご紹介しました。

  1. 作り置きや温め直しは雑菌を繁殖させるのでNG
  2. ミルクは作りたてのものが安心安全
  3. ミルクウォーマーでミルク作りの負担軽減

ミルクを作るのって大変ですよね。

急いでいる時に限って、お湯を手にかけてしまったり、粉ミルクを盛大にこぼしたりするんです…

私も何度したことか(笑)

ママの負担を減らすためにも、便利グッズはオススメです。

ミルクウォーマー、検討してみてくださいね( ^ω^ )

【PR】

-授乳・ミルク

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.