新生児の吐き戻しはなぜおこるのか!母乳の消化時間と赤ちゃんの胃の形

育児に悩みはつきもの。

新生児の育児で多い悩みが、吐き戻しです。

私の息子も、毎日吐き戻ししてました(°_°)

家事をしていても

「もし吐き戻ししてたら‥!」

って思って、何度も何度も息子の様子を確認しに行ってましたね(笑)

なぜ赤ちゃんは吐き戻しをするの??
もしかして飲ませ過ぎてる??

そんなママのために今回は、赤ちゃんが吐き戻しをする理由と、対処法についてご紹介します。

吐き戻しのメカニズムを知れば、安心して母乳育児を楽しめますよ(^O^)

また吐いた!新生児の吐き戻しは大丈夫?

赤ちゃんは、どうして吐き戻しをしてしまうの?

まずは、原因をみてみましょう(^ ^)

 

胃の形

赤ちゃんの胃は、大人と違って平たい形をしています。

さらに、胃の入り口の筋肉がまだ未熟なので、しっかりとフタができません。

そのため、横になったり体勢が変わったりなど、ちょっとしたことで吐き戻してしまうんです。

特に赤ちゃんも苦しいわけではないので、心配いりませんよ。

 

ゲップが不十分

赤ちゃんは飲み込むことがまだヘタ。

母乳やミルクを飲むときに、空気もけっこう飲みこんでしまいます。

なので、授乳後に胃の中の空気をゲップで出してあげないと、吐き戻しの原因に!

赤ちゃんにとって、胃の中に空気がたまっているのは苦しい状態‥

授乳後はゲップをさせるようにしてくださいね。

 

飲み過ぎ

飲みすぎも吐き戻しの原因になります。

私の息子は、夜泣きするたびにミルクを飲ませてたら大量に吐き戻してしまいました‥。

まるでマーライオンのように( ; ; )

飲ませる量には気をつけなければいけませんね。

ココに注意

稀に病気で吐き戻しをしている場合もあります。
毎回大量に吐き戻したり、赤ちゃんの機嫌が悪い場合は病院を受診してくださいね。

 

新生児はどうして母乳を飲みすぎるの?吐くまでのむ赤ちゃんの不思議

哺乳反射

赤ちゃんが飲みすぎる原因は、新生児特有の反射にありました!

赤ちゃんの口に乳首を持っていくと、赤ちゃんがパクッと口を開けますよね。

これ、母乳が欲しいから口を開けたわけじゃなく、反射で開けてるんです!

生きるための本能ってやつですね( ^ω^ )

そのため、赤ちゃんはお腹が空いていなくても、おっぱいを差し出されれば飲んでしまうわけです。

赤ちゃんが泣いたら、すぐおっぱいをあげるのではなく、他の原因がないか探りましょう!

赤ちゃんは原因なく泣くときもあります。

抱っこしたりして、あやしてあげてくださいね。

 

満腹中枢が未発達

生後半年未満の赤ちゃんは、満腹中枢が未発達。

お腹いっぱいっていう感覚がわからないんです。

そのため、ついつい飲み過ぎちゃいます(°_°)

けれど、ミルクだと目に見えてどれだけ飲んだかわかるんだけど、母乳の場合は難しいですよね。

一番確実な方法は、授乳の前後で赤ちゃんの体重を測ること。

どれだけ飲んだか確認できます( ^ω^ )

でも、赤ちゃん用の体重計を持ってる人って少ないですよね‥

その場合は、授乳時間で飲む量を管理するといいですよ。

母乳の出が良いママは授乳前に少し搾乳するといいですよ。

 

これを知れば安心!新生児に与える母乳の量と消化時間!

母乳の量

新生児がどれくらい母乳が飲めるかは、生後何日目かによって違います。

新生児の胃の容量の目安がこちら。

生後1日目 5〜7ml
生後3日目 22〜27ml
生後1週間目 45〜60ml
生後1ヶ月 80〜150ml

1ヶ月の間に、ものすごく胃の容量が増えるんですね!

こらはあくまでも目安で、本当に必要な量は赤ちゃんによってそれぞれ。

この時期の赤ちゃんの母乳が足りているかどうかは、赤ちゃんの体重の増え方でしかわかりません(°_°)

 

消化時間

母乳とミルクで消化時間が違うって聞いたことありますよね。

ミルクは消化に時間がかかるんですが、母乳はとっても消化が早いんです( ^ω^ )

ということは、お腹が空くのも早い!

なので、胃の容量が少ない新生児の赤ちゃんは、頻回授乳しても平気なんです。

ミルクは1日に飲ませていい量が決まっています。あげる場合は気をつけてくださいね。

 

母乳は欲しがるだけあげる

母乳は消化時間が早いので、必要な母乳量を少々超えても平気!

新生児のうちは、母乳は欲しがるだけあげてください( ^ω^ )

母乳が足りなくなる方が心配ですからね‥。

吐き戻しを防ぎたい時は、授乳後少しの間、縦に抱っこしてあげるといいですよ。

飲み過ぎたときに横になると出てきちゃいますもんね。

それに縦だとゲップも出やすいです(^ ^)

私の友人は、授乳後、ソファにクッションを置いて落ちないようにして座らせてました。

こんなふうに、抱っこじゃなくても工夫して横にならないようにしてあげるだけで、吐き戻しを少なくできますよ。

 

まとめ

今回は、赤ちゃんが吐き戻しをする理由と、対処法についてご紹介しました。

1回にかかる授乳時間は、だいたい20分を目安にするといいですよ。

片方10分ずつでも、5分ずつ2往復でもOK( ^ω^ )

母乳って、赤ちゃんが吸うのに合わせて日に日に出る量が増えていきます。

なので、時間を決めて授乳すれば飲みすぎるってことは防げますよ。

少々の吐き戻しはどの赤ちゃんにもあることなので安心してくださいね。

しかし、一度に大量に吐き戻すときは注意が必要!

赤ちゃんの様子をよく見て、いつもと違うことがあれば病院を受診してくださいね。

可愛い赤ちゃんの授乳ライフを楽しんでください(o^^o)

-授乳・ミルク

© 2020 ne-MaMa