義親に年賀状を送るときの注意点!宛名や一言でこうも印象が変わる!

結婚して初めてのお正月。

義実家への年賀状の書き方で悩む方は多いんじゃないでしょうか?

「常識のない人!」なんて思われないためにも、失礼のないようにしたいですよね。

  • 挨拶文の例文
  • 宛名の書き方
  • 一言メッセージの例文

についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね( ^ω^ )

文面には人柄が出るもの!義両親からの好印象をゲットしちゃいましょう♪

義親に出す年賀状に適した挨拶文は?

義両親に出す年賀状ですから「happy new year!」なんて書くわけにはいきませんよね(笑)

ではどんな文章が適しているのでしょうか?

文例を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

文例1

あけましておめでとうございます

昨年は色々とお世話になり感謝しています

まだまだ未熟な二人ではありますが 今後ともどうぞよろしくお願いいたします

寒い日が続きますので くれぐれもご自愛ください

※感謝の気持ちと、義両親を気遣う気持ちを入れるのが一般的です。

 

文例2

あけましておめでとうございます

昨年は何かとお心遣いを頂きまして 有難うございました

息子は最近やっと寝返りができるようになりました

これからの成長がとても楽しみです

お身体を労わりながら くれぐれも健康にはご留意なさってくださいね

子供がいる場合は、成長を知らせる文章を書くと喜ばれますよ。

 

義実家に送る年賀状の宛名はご家族様でもOK?NG?

宛名の書き方で悩む方も多いと思います。

一番望ましい宛名の書き方は、連名!

連名の場合は、名前を書く順番に気をつける必要があります。

  1. 祖父
  2. 父親
  3. 母親
  4. 祖母
  5. 兄弟姉妹

の順に書くのが一般的です。

「ご家族の皆様」や「御一同様」と書いても失礼ではありません。

しかし、名前が書いてあるほうが、もらった方は嬉しいはずですよ( ^ω^ )

目上の人への年賀状は「縦書き」がマナー。 横書きだと失礼になりますので気をつけましょう。

 

これで完璧!義実家に送る年賀状にそえる一言!

手書きで一言メッセージがあると、印象がガラリと変わります。

できれば義両親に喜んでもらえるような、気の利いた言葉が書きたいですよね!

年賀状に添える一言の文例をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね♪

 

一言文例 ①

お正月に会えることを楽しみにしています。

お世話になりますが、よろしくお願いします。

お正月に帰省する予定であれば、そのことを楽しみにしていることが伝われば、喜んでもらえるでしょう( ^ω^ )

お世話になることについても触れておくと、常識がある人だと思ってもらえますよ。

 

一言文例 ②

息子はついにハイハイできるようになりました!

早く会わせたいです♪

やっぱり一番嬉しいのは孫の情報です。

孫の成長についてと、「早く会わせたい」という気持ちを書けば、義両親はウキウキが止まらないでしょう(^^)

 

一言文例 ③

お元気でお過ごしでしょうか?

お父さんお母さんにとって、幸せいっぱいな一年になりますようにお祈りしています。

義両親を気遣う言葉も好まれます。

今年一年の幸福を願ってもらえると嬉しくなりますよね。

 

まとめ

義両親への年賀状の書き方についてご紹介しました。

年賀状を全て手書きする人って、あまりいなくなりましたよね。現在は子供の年賀状でも、絵や字が印刷されたものを使うのが主流です。

そんな時代だからこそ、手書きには味が出る!

一言直筆でメッセージを添えれば、きっと喜んでもらえますよ( ^ω^ )

ぜひ文例を参考にしてみてくださいね♪

【PR】

-お正月

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.