共働き夫婦の夜の性生活の実態を調査!旦那から誘われる方法はこれ

結婚すると、どうしても夜の営みって減りますよね。

特に、共働きのセックスレスは多い!

お互い仕事で疲れていますもんね…( ; ; )

もしかしてこのままずっと営みナシ!?

なんて不安になる方もいるかもしれません。

でもなんだか自分から誘うのは恥ずかしい…。

女性ですから、できれば男性からアプローチされたいですよね。

男性はいつまでも女性に「女」を求めている!

抱かれたいならば誘いたくなるような女性になりましょう♪

今回は、共働き夫婦が旦那から夜に誘われる方法についてご紹介します。

共働き夫婦は忙しくて夜の夫婦生活もまともにできない!?

共働きの夫婦の営みの頻度

共働き夫婦の営みの頻度の調査では、驚きの結果が!

0回 33%
月1回以下 20%
月に1回 18%
2週間に1回 13%
週に1回 9%
それ以上 7%

日本性科学会によると、セックスレスの定義は「夫婦間で月に一度も性の営みをもたなかった場合」を指します。

なんと約5割がセックスレスなんですね(°_°)

 

セックスレスの原因

なぜ共働き夫婦はセックスレスが多いんでしょうか?

セックスレスだと自覚のある方に理由を聞いてみると…

  • 疲れているから
  • 子供と同室だから
  • 異性として見れない

という回答が多かったです。

特に子供が産まれてからレスになった人は多い!仕事に育児に疲れますもんね( ; ; )

さらに同室だとなんだかそんな気も起こらなかったり…。

育児に非協力的な夫、母になってしまった妻を異性として見れないという人もいます。

 

アピールの仕方は十人十色!夫婦それぞれの夜の誘い方

「自分から誘うのは恥ずかしい…。」と思っている女性も多いんじゃないでしょうか?

実際、世の奥様はどうやって旦那さんを誘っているのでしょうか??

 

「したい日は、レバニラ炒めを作ります(笑)それが私たちの秘密の合図です。」

何か合図を作っておくというのは良いですね!言葉で言う必要がない分、恥ずかしさも減ります( ^ω^ )

 

「今日は早めに寝たいな〜とベッドに誘います。くっついてたら自然とそんな雰囲気に。」

ベッドに誘うというのは直接的でいいですね!ゆっくり自然とそういう雰囲気にもっていけそうです。

 

「マッサージしてあげる→そのまま営みへ(笑)」

疲れている身体にマッサージは嬉しいですね!疲れも取れるし、愛情も伝わるし、密着するだろうから雰囲気も作れます(^_^)

 

ココがポイント

セックスを意識させることが大切!
しかしあからさまだと引いてしまう男性もいるので加減が必要です。

 

ここを抑えればあなたの魅力も格段にアップ♪旦那から誘われる方法!

できれば男性から誘ってもらいたいのが女心ですよね。

どうすれば誘ってもらえる女になれるのでしょうか?

 

女を捨てない

男性は、歳を取ってもママになっても、いつまでも女性に「女」であることを求めています。

ずっと化粧していろ!とは言いませんが、旦那さんの前だからと手抜きはしないように。美しくいられるように心がけましょう( ^ω^ )

また、仕事をしていると、どうしても旦那さんを後回しにしちゃってませんか?

自尊心を傷つけられると愛情が薄れていきます。

旦那さんを大切にしてあげてくださいね。

 

旦那さんへ愛を伝える

結婚して年数が経つと「好き」と言う回数も減ってきます。恋人ではなく家族になった証拠ですね。

もちろん大切な存在に変わりはないのですが、セックスにとっては少し邪魔になることも…。

家族としてではなく、男女としてラブラブでいるためには、愛情を言葉で伝えることが大切ですよ。

 

セックスの後に感謝する

実はこれがとっても重要!

「今日はしてくれてありがとう。とっても幸せだった。」

感謝されると、男性は満足感を得られます。あなたに愛情も芽生えるでしょう。

そうすると旦那さんは「次も頑張るぞ!」と思ってくれますよ。

 

まとめ

今回は、共働き夫婦の旦那から夜に誘われる方法についてご紹介しました。

いつまでも男と女で居続けるのって難しいですよね。

夫婦仲はすごくいいけど、夜はレスって夫婦もなかにはいます…。

女として見られたいなら、自分が女であることを忘れないように!

いつまでも魅力的な女性でいることを心がけてくださいね(^ ^)

そして、したい気持ちをさりげなく伝えてみましょう♪

【PR】

-夫婦問題
-

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.