下唇を吸う癖のある子供とどう向き合う?~吸唇癖による影響と対処法~

下唇を吸う癖が長く続いていて、上の歯が出っ歯になってきてしまった息子(2歳10ヶ月)。

下の歯は内側に入り、いちごなどの柔らかいフルーツも、前歯で噛むことをしないでいます。

はじめは「そのうち直るだろう」と簡単に考えていました。しかし、もうすぐ3歳ですが、まだやめられずにいます。

「うちの子、大丈夫かな…」

「このまま直らなかったら、将来歯科矯正しないといけないのかな…」

息子の気持ちはさておき、親は心配が尽きません。

 

ズバリ!「こうすれば絶対やめられる!!!」

・・・という癖の直し方はありませんが、対処法ってあるの?

他にはどんな影響が出るのかな。

癖が直ったら、歯や骨格は元に戻るの?

そんな私と同じ悩みを持っている方に、下唇を吸う癖『吸唇癖』のある子供とどう向き合っていくのか、その影響と対処法についてご紹介します。

下唇を吸う癖『吸唇癖』とはどんな癖?

実はこの癖、自然に現れる癖のひとつなんです。

まず、下唇を吸う癖には名前がついています。

口に関する癖全般

「口腔習癖」(こうくうしゅうへき)

唇を吸う癖のことを、「吸唇癖」(きゅうしんへき)

唇を噛む癖は「咬唇癖」(こうしんへき)といい、吸唇癖とは少し違います。

子供の口腔習癖で一番多いのは指しゃぶりです。吸唇癖は、指しゃぶりほど多くありませんが、指しゃぶりの代わりに現れる癖です。

ちなみに、指しゃぶりは「吸指癖」(きゅうしへき)といいます。

 

癖が現れる原因は

  • おっぱいを吸うために赤ちゃんに備わっている、吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)が習慣化した
  • 計画断乳により、本能が満たされないから
  • 緊張、不安を和らげるため
  • 甘えたいから

お母さんのお腹の中にいる時から、指しゃぶりをしている子もいます。お腹の中でおっぱいを飲む練習をしているのですね。

生まれた時から備わっている力が残ったと考えれば、癖となってもおかしくないですよね。

癖が現れ始めるのは1〜2歳。3歳頃に減少。5歳でほとんどが消失するのが一般的だそう。

しかし、それはあくまで一般論であって、個人差があります。

私の息子の場合は、1歳前から始まり、眠い時、特に多く現れます。

現在2歳10ヶ月の今も癖は続いています。テレビを見ている時にも、癖が出ています。

※癖が出ていない時もあります

  • 指先を使って集中して遊んでいる時。
  • おしゃべりをしている時。
  • 体を動かして遊んでいる時。

下唇を吸う癖は、もともと赤ちゃんの時からある吸啜反射が残っている場合や、おっぱいを求める自然な癖として現れることが多いようです。

どうしてこんな癖がついたんだろう?

と思うかもしれませんが、多くの子供に自然と見られるものなんですね。

 

下唇を吸う癖によって現れる影響とは?

自然に現れる癖だからと言って、長く続くと影響が出ます。

結論から言うと、「やめさせた方がいい癖」と言えます。

どんな影響が出るのか

  • 噛み合わせが悪くなる。
  • 上あごが前に出る。
  • 出っ歯になる。
  • 下の歯が内側に倒れる。

歯並びが悪くなるだけでなく、顎の骨の成長にも影響が出ると、歯医者さんに言われました。

長い時間無意識のうちに強い力で吸うのですから、影響が出てきてもおかしくありません。子供の歯や骨格は特に変形しやすいですから、習慣化していれば、影響が出やすくなります。

ただ、吸唇癖があるからと言って必ずしも影響が出るわけでありません。

癖があっても歯並びに問題がない子もいます。こちらも、個人差があります。

息子(2歳10ヶ月)の現在の様子

【普段の唇の吸い方】

下唇を噛む癖

前歯が出たままになり、下唇を吸います。

横から見るとこんな感じです。

少し前に出てきています。

下の歯も内側に倒れています。

息子は上の歯が出てきていて、下の歯が内側に入り始めています。

歯医者さんに行くと、やはり歯並びや顎の骨格に影響が出てしまうから、癖を直した方がいいと言われます。

癖によって現れる影響には、個人差があります。癖があるからと言って、必ず悪影響があるとは限りません。吸い方、強さ、吸い続ける時間など、様々な原因が関係して影響が出ます。

しかし、悪影響が出る場合も多いので、早いうちにやめられれば、それに越したことはありません。

 

下唇を吸う癖をやめさせるためにできることとは?

癖をやめさせるために、できることは?

【2歳以前】
・自然にやめられることもあるので見守る
・指先など使って遊んだり、おしゃべりして遊んだりする
・できている時は褒める

【2歳以降】
・折を見て「良くないことだからやめようね」と話す
・やめるための矯正装置を付ける

自然な習慣として現れている間(2歳以前)は、無理にやめさせることで余計にストレスになることがあります。

他のことに集中させたり、癖が出ていない時は褒めたりして、見守ります。

歯科衛生士さんに相談できる機会があったので、その時に聞いてみると、「指先を使って遊ぶ」というのはとても効果的なのだと教わりました。

話が少しずつ分かるようになってから(2歳以降)は、時間はかかりますが、伝え続けます。

頭ごなしに癖を否定されると、自分も否定されているようで、精神的にも不安定になり、癖がひどくなったり、他の影響が出たりします。

 

また、矯正装置も存在します。癖が直れば自然と歯の異常が治ることもあるので、まずは癖と向き合うことが大切です。

症状が悪い場合は歯医者さんと相談の上、装置を使うことを考えても良いと思います。

実は、出っ歯になりにくいというおしゃぶりを購入したことがあります。

3歳まで使えると書いてありました。しかし、おしゃぶりには慣れていなかったので、あまり積極的に使ってくれませんでした。また、長時間口の中に入れることに抵抗があったようで、使うのをやめてしまいました。

私が通っている歯医者さんでは、下唇を吸うと、痛みが出る装置があると紹介してくれました。しかし小さい子供に、痛みを与えて癖をやめさせるというやり方はおすすめできない、と言われました。私もその通りだと思ったので、その装置を使うことは今の所考えていません。

 

息子の癖について調べるうち、私と同じような子供を持つ親さんの書き込みを見つけました。

  • 5年ほど吸唇癖が見られたが、出っ歯にはならなかった
  • 小学校中学年まで癖があり、少し出っ歯になったが、唇を閉じることを自分で意識し、自然と治った
  • 30歳を過ぎても吸唇癖がある。若干噛み合わせが悪い
  • 小さい時にその癖があり、出っ歯になってしまった。歯科矯正をした

などです。

私が選ぶ向き合い方は...

  • 落ち着いた状況でやめてほしい理由を話す
  • 下唇を吸わないでいる時は褒める

今も、柔らかいフルーツでさえ、奥歯で噛もうとする息子。噛み合わせが悪くなってきているため、前歯でうまく噛めないのです。

長い時間かかるかもしれませんが、息子の癖をやめさせられるように向き合っていこうと思います。

 

癖と上手に向き合う

噛み合わせが悪くなったり、出っ歯になったり、実際に影響が出てくると、心配ですし、今すぐやめてほしいと思います。

ですが、大人でも一度習慣になった癖を直すのは大変なこと。

子供はなおさら、分かっていてもできないことも多いですよね。

癖を否定しすぎると、自分が否定されているように思ってしまう。そんなことは絶対に避けたいです。私が神経質になりすぎないことも大切ですね。

長い時間かかるかもしれませんが、息子の癖をやめさせられるように向き合っていこうと思います。

【PR】

-子供の癖

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.