【将来の夢】デザイナーを目指す子供のために仕事の種類と内容をご紹介

新しいもの作り出すのが好き!

自分でデザインしたもので人を笑顔にしたい!

こんな理由で、デザイナーを目指す子供は多いです。

ステキな夢ですよね(^ ^)

ぜひ応援してあげてほしいと思います。

 

知っての通り、デザイナーは専門性の高い職業。

夢を叶えたいなら、子供のころから知識を集めておくと有利!

だけどデザイナーって、めちゃくちゃ種類があるんです‥^^;

まずは、デザイナーの仕事の種類について知り、目指す分野を決めることが大切です!

 

そこで今回は、デザイナーの仕事の種類とその内容についてご紹介♪

あなたのお子さんにピッタリの分野が見つかりますよ(^ ^)

将来の夢はデザイナー!どんな能力が必要なの?

デザイナーになるのに、資格は必要ありません。

つまり、実力さえあれば誰でも活躍できる職業だということ!

では、デザイナーにはどんな能力が必要なのかについてお話ししていきますね(^ ^)

 

デザイン力

当たり前のことですが、デザイナーにデザイン力は必須です。

自分の考えをデザインとして表現できなきゃいけません。

子供のうちからいろいろなデザインに触れて、感性を育ててあげるといいですね。

もちろん、たくさん自分のアイディアをデザインしてみることも大切です。

 

コミュニケーション能力

デザイナーの方が口を揃えて絶対に必要だと言うのが、コミュニケーション能力!

デザイナーの仕事には、必ず依頼者がいます。

依頼者の、「こんなふうにして欲しい!」というイメージをできるだけ具体的に聞き出す必要があるんです。

子供と会話するときは、「なぜ?」「どうして?」と疑問を投げかけてみてください。 そうすると子供は、疑問を持つ視点や表現方法を身につけることができますよ。

 

情報収集力

デザインの世界って、流行り廃りがあります。

常に時代の最先端を行くデザイナーが重宝されるんですね。

なので、情報収集能力は必要不可欠!

常にアンテナを張り、新しい情報をどんどん自分の中に入れていかなければいけません。

自分の目指す分野はもちろん、さまざまジャンルの情報をできるだけ多く知っておくと便利です。

新聞やニュース、雑誌を読む習慣をつけてあげるといいですね。

これらの能力に加えて、デザイン系ソフトが使えることが必須! 小学生のうちから触れさせる必要はないけど、子供が興味を持ったらさせてみるといいかもしれませんね。

 

デザイン力はまさに天才!世界で活躍する有名デザイナー!

世界では、多くのデザイナーが活躍中です。

その中でも、人々の生活に驚きや楽しさ、美しさをもたらした、有名なデザイナーについてご紹介!

「この人みたいになりたい!」と、お子さんに目標を持たせるキッカケにしてみてくださいね\(^^)/

 

クリスチャン・ディオール

女性からも男性からも憧れのファッションブランドであるChristian Diorの創立者。

世界中に知らない人はいないってくらい有名ですよね。

初めは友人と画廊を開設していたんですが、恐慌の影響で失職。

そのときに友人からデッサンを習ったのがキッカケでデザイナーを志すようになったそうです。

「ジグザグ・ライン」や「パーティカル・ライン」、「オーバル・ライン」など次々と新作を発表し、その名が世の中に知れ渡りました。

 

山口裕子

山口裕子は、「ハローキティ」の三代目デザイナー。

株式会社サンリオで、キティのデザインを手がけ、世界70ヶ国で年間5万種類の商品が販売されるキャラクターにまで育てあげました。

秘訣は、自分の集めた情報だけじゃなく、実際に高校生やOLなど消費者の意見を取り入れたことだそうです。

一つのキャラクターをこんなに大きくするのはすごいてことですよね!

今ではどの世代にも愛される、日本を代表するキャラクターです。

 

宮本茂

宮本茂は、「スーパーマリオシリーズ」や「ゼルダの伝説シリーズ」など数多くの任天堂ゲームの生みの親。

誰でも一度は遊んだことがありますよね!

これらのゲームは海外でも人気が高く、世界中にその名が知られています。

任天堂に入社してからは、カルタのデザインなど小さな仕事をしていたそうですが、開発に関わった「ドンキーコング」が大ヒット!

その後も「スーパーマリオブラザーズ」が世界的にヒットしたことで、ゲームクリエイターとして名を轟かせました。

 

デザイナーの仕事の種類って?どんなものをデザインするの?

「〇〇デザイナー」って言葉、結構耳にしたことがありますよね。

実はデザイナーって、数え切れないほどめちゃくちゃ種類があるんです^^;

世の中に存在するものは全てデザインが必要ですからね。

たくさんあるデザイナーのお仕事の中でも、子供が興味を持ちそうなものをピックアップしました!

デザイナーの種類を教えて、お子さんの視野を広げてあげてくださいね。

 

ファッションデザイナー

ファッションデザイナーは服や靴、バッグなどのファッションに関する商品をデザインするお仕事。

デザイナーの中で、一番有名&人気の職業です。

デザインするのは、売り出す約一年前から!

まさに、流行を作り出すお仕事ですね。

そのため、何が流行るかを予測する感性やセンスが必要です。

 

インダストリアルデザイナー

インダストリアルデザイナーは、自動車や家電製品などの工業製品のデザインをするお仕事。

デザインするものの種類によって、細かく分けられることもあります。

  • カーデザイナー→車のデザイン
  • プロダクトデザイナー→製品のデザイン
  • 家具デザイナー→家具のデザイン(インテリアデザイナーとも呼ばれる)

インダストリアルデザイナーは、ただカッコよくオシャレにデザインするだけじゃない!

機能性や安全性、コスト面なども考えてデザインをしています。

 

ゲームデザイナー

ゲームデザイナーは、ゲームに登場するもののデザインを行うお仕事。

メインキャラクターだけじゃなく、背景やアイテムなど、細かいものまでデザインします。

ゲームデザインをするには、2Dや3DのCGの技術が必要!

美術系大学や専門学校でデザイン能力やCGスキルを学んでおくと有利です。

 

その他のデザイナー

  • 「グラフィックデザイナー」→広告のデザイン
  • 「パッケージデザイナー」→商品のパッケージのデザイン
  • 「CI、VI」→会社や商品のシンボルマークのデザイン
  • 「Webデザイナー」→Webサイトのデザイン
  • 「DTPデザイナー」→雑誌や本など紙媒体のデザイン
  • 「ジュエリーデザイナー」→宝石のデザイン
  • 「キャラクターデザイナー」→キャラクターのデザイン
  • 「空間デザイナー」→イベント会場やお店など空間のデザイン
  • 「エクステリアデザイナー」→建築や乗り物の外観のデザイン
  • 「環境デザイナー」→道路や都市開発計画などのデザイン
  • 「フラワーデザイナー」→花を使った空間のデザイン

こんなふうに、デザイナーにはこまか〜く種類がたくさんあるんです。

まずは、どの分野のデザイナーを目指すのかを決めて、その仕事内容を知ることが大切!

具体的なイメージを持っている方が、夢に向かって頑張れますよ(^ ^)

 

まとめ

デザイナーって、デザインしたもので人を笑顔にできる、ステキな仕事です。

自分の子供が、流行を作り出すかもしれないなんて、考えただけでワクワクしますね。

しかし、一流のデザイナーになる道は険しい!

子供の頃から、デザイナーに必要なスキルを磨いておいて損はないです。

それがお子さんの自信につながれば、強い意志をもって夢に向かって頑張れるはずですよ(^ ^)

【PR】

-子供の教育
-

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.