赤ちゃんの「寒いサイン」はコレ!今日から使える赤ちゃんチェック術

寒い秋冬は、赤ちゃんが風邪をひかないようにしてあげたいですよね。

私は心配性なので、0歳の息子にかなり厚着をさせていました。

「モコモコであったかそ〜!これで風邪もひかない!」

なんて思ってたんですが、保育士をしている友人に言われてしまいました・・・

 

「え? 着せすぎ(笑)これじゃ逆に風邪ひくよ?」

 

・・・え?どういうこと?

その友人に聞いてみたところ、赤ちゃんは大人よりも体温が高いので、そんな常にモコモコにする必要はないとのこと。

「寒そうなときだけ、アウターなどで調整してあげればいいんだよ〜」と教えてもらいました( ^ω^ )

だけど、「寒そうなとき」っていうのがよくわかりませんよね^^;

 

そこで今回は、「赤ちゃんの寒いサイン」についてお話ししていきたいと思います。

サインを知れば、寒いときにすぐ対応してあげられますよ♪

赤ちゃんが寒いと感じる外気温と室温の目安を知ろう!

赤ちゃんは大人よりも、平熱が約1℃高いです。

なので、大人が寒いと思っても赤ちゃんは平気だったり、逆に大人が普通なときでも赤ちゃんは汗をかいていたりします。

大人を基準にできないので「寒い」の判断が難しい!

まずは、赤ちゃんが寒いと感じる「気温」や「室温」を把握することが大切ですよ。

 

以下は、秋冬に赤ちゃんが寒いと感じる温度の目安です。

  • 「室温」→ 20℃未満
  • 「外気温」→ 15℃未満

秋冬、赤ちゃんにとって心地よい室温は、20℃〜25℃。

20℃未満になったら、暖房を入れるか、ベストを着せるなどして調整してあげてくださいね。

 

外気温は、15℃未満になったら寒い!

でも、これは天気に結構左右されてしまいます。

風の有無や日が照っているかどうかで、体感気温がかなり変わりますもんね。

脱ぎ着しやすいアウターを一枚着せ、ブランケットなどを用意して外出すると便利ですよ。

ココに注意

赤ちゃんは汗が冷えたときにも寒いと感じる!

室温の上げすぎや、服の着せすぎには注意してくださいね。

 

さわるとひんやり!赤ちゃんの顔や手足が冷たいときはどうするの?

赤ちゃんの手足が冷たいと、「寒いんじゃないか…」って心配になりますよね。

私も、息子の手足の冷たさに驚いて、大慌てで厚着させたり靴下を履かせたりしてました。

自分が冷え性なもんで、「もしかしてこの子も冷え性!?」なんて焦ってました(笑)

 

だけど・・・これは間違い!

赤ちゃんは、「手足が冷たい 」= 「寒い 」ではないんです!

 

実は赤ちゃんって、手足など身体の末端部分で体温調節をしています!

身体の中心部分を温かくするために、末端部分の血管を細くしているため、手足が冷たくなってしまうんです。

これは、赤ちゃんには普通のことなので、心配する必要はありせん(^^)

ココに注意

手足が冷たいからと、室内で靴下を履かせるのはNG!

体温調節がうまくできなくなってしまうし、必要以上に温めると寒さに順応できない子になってしまいます。

 

こんなときはしっかり防寒!赤ちゃんの寒いサインはこれ!

赤ちゃんの「寒いサイン」をチェックして、寒さ対策をしましょう!

喋れない赤ちゃんだからこそ、見逃さないようにしっかりみてあげてくださいね。

 

唇の色が悪い

唇の色が青白い場合、赤ちゃんは寒いと感じています。

大人でも寒いときには唇が紫色になりますよね。

赤ちゃんも寒いサインは唇に出るので、気をつけてあげてくださいね。

 

背中が冷たい

手足などの末端部分は冷たくても問題ありません。

だけど、身体の中心部分が冷たいのはNG!

一番簡単なチェック方法は、赤ちゃんの背中に手を入れて、背中の温度を確かめること!

背中が冷たい場合は、体が冷えてしまっています。上着を着せたり、室温を上げたりして温めてあげてくださいね。

ココがポイント

背中チェックは着せすぎも見極められる!

背中に汗をかいている場合は、着せすぎですので服を一枚脱がせてあげてください。

 

まとめ

肌寒くなってきたら、赤ちゃんの唇と背中をチェック!

たったこれだけで、赤ちゃんの「寒いよ〜」って気持ちを知ることができますよ。

また、冬は1日の中で気温の差が激しいです。

お出かけする時は、脱ぎ着しやすい上着にしておくといいですね。

秋冬も赤ちゃんが快適に過ごせるよう、寒いサインに注意してみてください。

【PR】

-マメ知識, 赤ちゃん
-

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.