【幼稚園の運動会で写真を上手く撮るコツ】失敗しない構図を教えます!

一年に一度の大イベント、運動会!

子供は競技を頑張ることが仕事。

親は写真を撮って記録に残すのが仕事ですよね。

だけど、普段カメラをあまり使わない方にとっては、良い写真が撮れるか不安じゃないですか?

うまく躍動感のある写真を撮れたらいいのになって、思いますよね。

 

いい写真を撮るためには、構図が大切!

 

子供のアップだけじゃなく、いろんな写真を撮っておけば、運動会の雰囲気をそのまま写真におさめることができますよ♪

そこで今回は、運動会にオススメの構図についてご紹介します。

撮った写真はすぐに送信!

スマホで良い写真を撮るコツについてもあわせてお話ししていきますよ〜(^ ^)

写すのは子供だけじゃない?幼稚園運動会の写真を上手に記録するコツ!

運動会の写真というと、頑張る子供の姿ばかり撮ってしまうって方も多いんじゃないでしょうか。

たしかに、子供の頑張る姿は残したいものです。

だけど、自分の子供のアップばっかりっていうのも、なんだか面白みがないですよね。

運動会独特の雰囲気が伝わらないというか(^^;

そこで、こんな場面も撮っておくと記念になるよ!ってポイントをご紹介するので、ぜひ撮影してみてください( ^ω^ )

 

入場門

入場門で待機しているときって、子供は緊張でドキドキなはず。

そんな表情も残しておくといいですね。

 

競技後

逆に競技後は、ホッとしたいい表情が撮れます。

もしかしたら、競技に負けて、悔しそうな顔をしていることもあるかもしれませんね。

それも全部含めて思い出に残してあげてください。

 

応援席

「頑張って!」と、自分のチームや友達を必死に応援している姿はカッコいい!

また、くつろいでいる写真や、お友達と一緒にカメラ目線でピースしている写真もいいですね。

 

看板やプログラム

運動会のプログラムや看板は必ず撮影することをオススメします!

写真を見返した時や、アルバムにまとめた時に、いつの運動会でどんな競技があったのか分かりやすいですよ。

 

運動会で頑張る我が子を見逃さない!写真の構図はこれに決まり!

子供の頑張る姿は、バッチリ写真におさめたい!

できれば、良い写真が撮れると嬉しいですよね( ^ω^ )

写真を撮るときに大切なのは構図!

構図がうまく考えられれば、臨場感のある写真が撮れますよ♪

ココがポイント

子供とその周りの環境や関係が分かるように写そう!

 

子供のアップだけ撮っていたら、誰と何をどんなふうにしているのかが、後で写真を見たときにわかりにくい‥。

写真は広めの構図で撮っておくことをオススメします。

広すぎたな〜と思った場合も、後でトリミングして加工することができますよ。

それでは、徒競走とダンス、玉転がしの構図をご紹介していきますね。

 

徒競走

徒競走は、ゴールする瞬間を狙え!

子供が最後まで頑張るいい表情が撮れますよ。

一緒に走っている子供や応援している観客も入れられるといいですね。

ゴールテープを右下に大きくぼやかして、子供にピントが合うようにすると、臨場感満載になりますよ。

 

ダンス

ダンスは決めポーズを狙え!

決めポーズが1番可愛いですもんね。

一人で決めポーズの場合は、子供単体でアップ!

他の子と協力して決めポーズの場合は、構図を広く撮って!

あえて後ろから撮影するのも雰囲気が出ていいですよ。

一人をメインに撮るときは縦向きに、周りの人物や風景も入れたい場合は横向きに撮るとバランスがいいですよ。

 

玉転がし

玉転がしは、横から撮影!

玉全部が構図の中におさまるように撮りましょう。

玉全体がおさまると、子供の小ささと比較されて、躍動感のある写真に仕上がります。

もう少し構図を広くして、背景に応援している子供や保護者の姿も入ると雰囲気も出ますよ。

 

運動会写真をスマホで今すぐ送ってあげたい!キレイに撮るコツを紹介

運動会の写真をスマホで撮りたいって方も多いと思います。

簡単に撮影できるし、すぐに祖父母に送ってあげることができますもんね。

スマホで撮影するコツをご紹介しますので、参考にしてみてください( ^ω^ )

 

できるだけ近くで撮影する

使ったことのある方はもう知っていると思いますが、スマホはズームに弱い‥。

めちゃくちゃ粗くなります。

なので、ズーム機能は使わないようにしましょう!

できるだけ子供に近づいて撮ることができるように、いい撮影場所を確保してくださいね。

 

連写機能を使う

どんどん進化していっているスマホのカメラですが、動くものを撮るのは苦手。

そんなデメリットをカバーするのが連写機能!

数撃ちゃ当たるじゃないですが、ものすごく躍動感あふれる写真が撮れる可能性もありますよ。

 

逆光にならないようにする

逆光だと、顔が暗く写っちゃいますよね。

カメラだと勝手に補正してくれたりといろいろ機能があると思いますが、スマホには使える機能がありません。

あなたの背中側に太陽がくるようなポジショニングで撮影するといいですよ。

 

まとめ

運動会で良い写真を撮りたいなら、事前準備も大切!

自分の子供が走るのは何番目?

運動場のどこでダンスする?

しっかり確認しておきましょう(^ ^)

撮影場所の確保も忘れずに。

ご紹介した構図も試してみてくださいね!

何年後に見ても思い出話ができるような写真が撮れると良いですね♪

【PR】

-保育園・幼稚園, 運動会
-

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.