産後のお腹がぷよぷよで黒い…戻らないと諦めずケアした結果!

 

赤ちゃんが無事に生まれてくれたのはうれしいけれど、出産後の自分の体には唖然とすることがありました。

それは、お腹が黒ずんだり、シミができたり、お腹の皮がぶよぶよになったり・・・。

そんな体をケアする方法はどういったものなのでしょうか?

黒ずみになる原因やその対策について、私の経験をもとにご紹介します。

お腹にシミが…黒いお腹はホルモンバランスによるもの?

産後に気になったのは、体中にできた黒いシミ?のような、イボ?のようなものでした。

日に焼けたわけでもないのに、お腹や首周りに突然できた黒いぶつぶつが気になっていました。

産後にお腹が黒くなる原因としては以下のようなものが挙げられます。

 

女性ホルモンによる色素沈着

妊娠中に増える女性ホルモンであるプロゲステロンには、シミやそばかすを増やすメラニンを増やす働きがあります。

妊娠してから、シミやそばかすだけでなく、乳首やわきの下やビキニラインが黒っぽくなる場合もありますが、これも女性ホルモンの影響です。

出産するとプロゲステロンは減少しますので、メラニンの生成は抑えられますが、ホルモンの分泌量がもとに戻るのには半年ほど時間がかかるので、その間は、シミやそばかすができやすい状態となっています。

お腹の黒ずみは、女性ホルモンがもとに戻っていくのに合わせて薄くなっていきました。

 

縮んだ皮膚

出産後に、これまで伸びていた皮膚が縮んだことにより、しわしわになって黒っぽく見えるという現象が起こります。

これも、お腹の皮が自然に縮んでいくことで目立たなくなっていきました。

 

余った皮膚が老廃物とみなされている

お腹周りの伸びて余った皮は、体にとっては老廃物としてみなされるそうです。

老廃物とみなされたお腹の皮膚はかさぶたのように黒い色に変色します。

 

産後のお腹はぶよぶよ…このお腹なんとかならないかな?

産後のお腹は、それまで大きくなって皮がピンと張っていたものが一気に縮んでぶよぶよな状態になっていました。

脂肪がついていることもありますが、まさしく「たるんだ体」という言葉がピッタリくるようなお腹です。

妊娠線のような亀裂も入っている状態で、とても人に見せられるようなものでもありません(ーー;)

 

なので私は、妊娠線予防のクリームなどを塗っていました。

ベルタ妊娠線クリーム

妊娠線用のクリームには、体の新陳代謝を活発にして、古い角質は排除して奇麗な皮膚が育成されるような成分の入ったクリームが多いので、それを毎日塗って様子をみていました。

すると、黒ずんでぶよぶよだった私のお腹は、少しずつですが元のお腹に戻っていきました♪

 

授乳中は、普通の食事の量での授乳だったので、体重は妊娠前よりも10kgほど軽い状態だったのですが、それでも黒ずみやぶよぶよは気になっていました。

首回りも含めて体が黒いという印象です。

お腹周りだけでなく、デコルテラインにもシミもたくさんできていました。

その際、お風呂上りには妊娠線用のクリームや保湿クリームでケアを行っていました。

 

産後のお腹のケアにはどんなものが効果的?

産後のお腹は黒ずむやぶよぶよが気になりますが、皮膚も新陳代謝を繰り返していますので、保湿をしっかり行ってケアすることでだんだん目立たなくなっていきます。

半年ほどすると、女性ホルモンの量も安定化しますので、お腹の黒ずみや首周りのシミなども気づくと消えていました。

「日に焼けたわけでもないのにおかしいな」と思っていましたが、出産後の女性ホルモンの影響だったのかもしれません。

 

私は、妊娠線クリームなども使用していましたが、ワセリンなどでケアすることもいいみたいですよ!

とにかく、保湿などをしっかりして、皮膚が新しく生まれ変わるのを待っていたかんじです。

シミやそばかす、黒ずみなどが気になる場合は、ビタミンC誘導体が入った保湿クリームなどを選ぶとなお効果的です!

 

あと食べ物なども、皮膚の育成に良いとされる栄養素が入ったものを積極的に取るように心がけていました。

ビタミンCやβカロテンが豊富な野菜や果物、ビタミンEが取れるようにナッツやかぼちゃなど、

 

肌の質なども、産後のダイエットを開始して、食生活をきちんとするようになってからよくなったように思います。

抜けた髪の毛も生えてきましたし、体や顔が黒く感じていたことなども改善されました。

 

産後は体調も不安定なものですし、授乳などによって栄養素も不足しがちです。

産後のダイエットなどは、断乳がすんだら行うといいと思います。私はなかなか食べる習慣がやめられずに過去最高に近いくらいまで太ってしまいました(T_T)

肌もシミが増えたり、皮膚もぶよぶよだったので、そこからダイエットを決意して食生活なども変えていきました。

ダイエットとお腹のケアは一緒に行うといいと思いますよ(^^)

 

まとめ

  • 産後のお腹の黒ずみは、女性ホルモンの影響による色素沈着である。
  • 産後直後は黒いけれど、ケアによってだんだん薄くなっていく。
  • 産後のお腹のたるみなどは、クリームや腹筋でもケアできる。

産後のお腹の黒ずみは一過性のものである場合が多いです。

保湿などのケアをしっかり行うことで肌の再生を促すと、黒いシミなども消えていきます。

また、お腹の皮のたるみはなかなか消えませんが、ダイエットなどをしていくうちに皮膚も生まれ変わりますので、徐々に正常な状態に戻っていきますよ(^^)

-産後
-

© 2020 ne-MaMa