育児に専念したい!退職して良かったと思う瞬間3選

 

「子どもが小さいうちは育児に専念するべき…?!」

子どものために仕事を辞めるべきか悩むことってありますよね。でも仕事を辞めるのって不安を感じちゃいます(T_T)

そんなママに知ってもらいたい!

実は仕事を辞めてよかったと思うママは多いんです!

今回は、育児に専念するために退職したママの本音についてご紹介します。

子どもが小さいときだけでも育児に専念したい!

3歳までの母親との関わりは子どもの人格形成の基礎を作ると言われています。

働くママが増えた今でも約80%の人が、3歳までは子育てに専念すべきだと考えているんだとか(°_°)

子どもを預けてまで働くべきか悩むママも多いです。
そんなママの意見を聞いてみました!

ママA「我が子がこんなに可愛い時期なんてすぐ過ぎていってしまうから、出来るだけ側で見ていたい。」

乳幼児の可愛い時期ってあっという間に終わっちゃいますよね。

その可愛い時期に子どもと過ごす時間が減るのは、少しもったいない気がしちゃいます(T_T)

ママB「自分の子どもは自分自身で納得いくように育てたい。」

保育園に預けると、保育園の子育てルールを守らなければいけませんよね。

自分自身で納得いくように育てたいならば、仕事との両立は難しそうです(°_°)

ママC「復職したけど、正直子どもが可哀想…。母親の代わりには誰もなれません。」

子どもにとってお母さんって唯一無二の存在ですもんね。

仕事のためとはいえ、甘えたい時に甘えられないのは可哀想な気もしてしまいます。

 

育児に専念するために退職したいと思う瞬間3選

仕事と育児の両立って大変ですよね。ワーキングママが、仕事を辞めてしまいたいと思った瞬間を調査してみました!

 

専業主婦のママと自分を比べた時

専業主婦のママは、ワーキングママと比べて、子どもと一緒にいられる時間が多いですよね。

さらには家事にも時間をかけられます。なにより余裕があるので小綺麗にしている方も多い。

それに比べて自分はドタバタの毎日でオシャレも忘れ、子どもと遊んであげる時間もない…。

「あれ?私、何のために働いてるの??」

と、ふと思ってしまう瞬間があるそうです。

 

子どもが病気をした時

ワーキングママが一番頭を悩ますのが、子どもの病気です。

子どもって風邪をひきやすいし、感染病も必ずかかっちゃいますよね。

インフルエンザになったら1週間は外出禁止になるし、当然親もついておかなければいけません。

子どもの身体のことを一番に考えなきゃいけないのに、頭の中は仕事のこと…。いっそのこと辞めてしまおうかと考えてしまうそうです。

 

子どもに寂しいと言われた時

朝保育園に預けるときに、「ママ行かないで!」と子どもに泣かれる…。

あなたならどうしますか??

胸がとっても痛くなりますね(T_T)

子どもが母親を必要としているなか、仕事を続けることに罪悪感を感じるママは多いです。できれば子どもに寂しい思いはさせたくないですもんね。

 

ワーキングマザーを辞めてよかったと思う瞬間3選

「仕事辞めて大丈夫かな…。」と、不安に思いますよね。

育児に専念するために仕事を辞めたママに、よかったことを聞いてみました!

 

子どもとの時間が増えた

仕事を辞めると、子どもとの時間が格段に増えます。

もちろん育児も大変ですが、可愛い我が子を自分で教育できる喜びはひとしおです。

なにより、子どもの喜ぶ顔がみれることが幸せとおっしゃる方が多かったです( ^ω^ )

お子さんも、大好きなママと一緒が嬉しいんですね!
時間に余裕ができると心にも余裕が生まれるので、ママのイライラも軽減するでしょう♪

ポイント

家事をする時間も増えるので、晩御飯も少し手のかかるものを作れるようになります。

 

習い事ができる

仕事をしていると、お子さんの習い事ってなかなかさせてあげられませんよね。

最近は防犯対策で親の送迎を絶対とする習い事も増えてきました。
送迎する時間がないので子どもの習い事を諦めるママは多いです。

しかし、仕事を辞めると送迎可能なので習い事をさせてあげられるようになります♪

習い事はお子さんの視野や可能性を広げてくれますよ。

一言

ママが習い事を始めてもいいですね。
子どもと一緒に習うのも楽しそうです。

 

心に余裕ができた

仕事をしているときは、仕事と子どもと家事のことを考えなきゃいけなかったけど、そのうちの1つが無くなるので心に余裕ができたという方が多かったです。

仕事に費やす時間って起きてる時間のほとんどですもんね。

それを育児と家事に回せるとなると助かりますよね。

さらに仕事でのストレスが無くなるので、家事育児を頑張れるように(^ ^)

一言

心に余裕ができてから、子どもを怒る回数が減ったという方もいましたよ(*^^*)

 

まとめ

今回は、育児のために退職したママの本音についてご紹介しました。

  1. 専業主婦のママと自分を比べた時
  2. 子どもが病気になった時
  3. 子どもに寂しいと言われた時
  4. 子どもとの時間が増えた
  5. 習い事ができる
  6. 心に余裕ができた

個人的には、子どもが小さいうちは経済的な理由がない限り、育児に専念してあげてほしいなと思います。

なぜなら、子どもは絶対にママと一緒にいたいと思っているから。

一緒にいたくない子なんて一人もいないと思います。

3歳くらいまでは、一緒にたくさん遊んでたくさん褒めてあげて、たくさんスキンシップを取ってあげてください。

復職するのはそれからでも遅くないと思います。

子育ては一度きりです。後悔のないように(^ ^)

-育児

© 2020 ne-MaMa