【切迫早産】自宅安静中の暇つぶしはこんな感じでした


切迫早産と診断されてから始まる自宅安静…つらいですよね。

ずーっと横になっていると、やたら不安になって、全部悪い方向に考えちゃいませんか?

不安を消したくてネットでいろいろと調べると、見たくないような情報もあって余計に不安に( ; ; )

マタニティライフって、もっと幸せなものだと思ってた…。

なんで私だけ…そう思っていました。

 

私は切迫早産で、26週から36週の約10週間もの間、ずっと横になってるだけの自宅安静を経験しました。

その間、たくさん泣きました。

こんなことを不安に思っていたからです。

 

  • 早産になったら赤ちゃんの健康はどうなっちゃうの?
  • いつまでこんな生活続くんだろう…出産準備間に合うかな?
  • 産休に入るまで働くつもりだったのに、お金が心配!
  • 何もしないでいると、ただただ不安!

この時はネガティブを極めていたと思います(苦笑)

でも、「そんなんじゃダメだ」と思い、明るい気持ちになれる暇つぶしを色々見つけました(^.^)

 

安静生活で大事なのは

  • 赤ちゃんをなるべく長くお腹の中で育てること
  • ママがなるべく暗い気持ちで過ごさないこと

です。

私の2カ月にわたる安静生活のあれこれを書いていきますね。

自宅安静中は気分が落ち込みがち。

ずっと横になってるって、こんなに辛いのか!

自宅安静中思ったことは

「これ人間の生活じゃねぇわ…!」

ということ。自宅にポツンと一人。

買い物どころか気分転換に近所に散歩に行くこともできない。座るのも良くない。

一人で横になって、時間がきたら張り止めの薬を飲んで、食事やお風呂もささっと済ませ、1日が終わるのを待つだけ。

 

次の日も、また同じことの繰り返し。

「毎日毎日同じことの繰り返しで、生きてる気がしないんだよーーー!!」
って昔好きだったコント番組で言ってたのを思い出しましたよ(笑)

私はもともと家にずっといるのが好きじゃなくて、できればどこかに出かけたいタイプ。

だから余計に辛かったです( ; ; )

 

日々の楽しみは、張り止めの薬が減っていくことだけ。これを飲み終わる頃には、安静解除になるかな…!という淡い期待。

それを裏切られる妊婦健診( ; ; )

ちなみに、私は産院で「子宮頸管があと1ミリ短くなったら入院ね」と言われていました。

まさに首の皮一枚…!不安で押しつぶされそうでした。

旦那は当時激務で、深夜まで仕事するのが当たり前でした。だから一日中ほんとにひとりぼっちだったんです。

 

余計に不安になる検索地獄

で、暇だからスマホいじるじゃないですか。

そうすると切迫早産のこと調べちゃうわけですよ。

そして検索すると大体怖いことしか書いてない!!まぁ当然なんですが!!

 

今生まれちゃったら赤ちゃんが〇〇だとか、入院になったら排泄も寝たままするだとか。

ときには信憑性のない情報まで仕入れちゃってました。

だから、調べ過ぎちゃダメですよ。

ただでさえ自宅安静で気が滅入っているのに、そこに自ら追い討ちかけることないんですから!

産院で先生に言われたことを、信じていればいいと思います。わからないことはネットの情報じゃなくて、先生に聞くとか。

私は気がついたら何時間も切迫の怖さを調べ続けていて、負のスパイラルに陥りました。

 

ネガティブになり過ぎて、なぜだか将来の不安やらお金の不安やらも合わせて湧いてきて。

お腹の赤ちゃんに泣きながら「どうしよう、どうしよう…」とかって話しかけて。

そしたら、まさにタイミングよく盛大に中から蹴りを入れられたんです(笑)

声が出るくらいすっごい痛かった(笑)

 

赤ちゃんに、「しっかりしろよ!こっちだって頑張って育ってんだよ!」と言われた気がしました(^。^)

そんなことがあって、もうネットであれこれ不安なことを調べるのはやめる!と決めました。

どうしても調べたいときは、同じように切迫を経験した先輩ママのブログを読むようにしました。

マイナスの情報は、なるべくシャットアウトです。

 

横になりながらでも楽しめる暇つぶし

安静中はとにかく暇なので、色々暇つぶしをしてました〜一生分暇したかも!(笑)

産後はバタバタで、とにかくこの暇だった時間が恋しくなりましたよ( ; ; )

今の有り余る時間を、大事にすべしです!ほんと!

ちなみに私の暇つぶしはこんなかんじでした

 

・スマホゲーム

クレヨンしんちゃんのスマホゲームに夫婦でハマり、めっちゃやり込みました(笑)

課金はしない!と心に決めて…

落ち込みそうな気分のときは、没頭できるゲームに救われました〜(^ ^)

休みの日には夫婦で得点を競ったりしたんですが、やり込み度が違うので、だいたい私の圧勝(^O^)それで旦那が拗ねるというのが常でした(笑)

 

・マンガ

安静期間中に読みまくりました!

旦那がもともと集めていた少年漫画の名作たちを読破!やっぱスラムダンクはいいわ〜

本棚のマンガを全部読み終わると、今度はTSUTAYAのコミックレンタル(^ ^)

10冊700円のキャンペーンをやっているときもあって、旦那に借りてきてもらって話題の少女マンガやらを読んでいました(^。^)

また、育児マンガを読んで産後のイメージを膨らませたり!おススメは東村アキコの「ママはテンパリスト」

息子が4歳になった今でも、読み返して笑えます(^。^)

 

・勉強

勉強というと大げさですが…。

復帰したときに仕事に使えそうな知識や、子育てに役立ちそうな栄養学の本など、ちょっとお勉強になるものを買って読んでいました。

ほんとは資格に挑戦しようかと思ったんですが、そこまで意志が続かず…(笑)

あとは、保活の知識も勉強しておきました。

出産後の現実的なことを考えると、冷静になるので気が紛れました♪

 

・ネットで出産準備

ほんとはお店に行って自分の手にとって選びたかった…!ので、ネットで色々探して下調べ(^。^)

可愛いベビー服やオモチャを見てると、気分が上がる〜(^_^)いろんな不安が、期待に変わるんですよね〜!

今私は二人目妊娠中ですが、マタニティブルーになったときは元気を出すために西松屋に行ってウインドウショッピングしてます(笑)

 

・甲子園

私の安静期間は、6月の中頃〜8月の終わり頃だったんですが、毎日高校球児たちの頑張りを見ていました( ; ; )元気付けられた〜!

完全なるにわかファンですが、毎日全試合見ていたので、当時はかなり詳しかったと思います(笑)

活躍する球児の名前を見ては、赤ちゃんの名付けの参考にしたり(^.^)

うちの子も16年後には甲子園のマウンドに…!なんて妄想して楽しんでました♪

 

安静生活を経て学んだこと

安静生活を経て、「思い通りにいかないことを受け入れる」ことを学びました。

切迫になるまでの私は、お腹の中に赤ちゃんがいても、仕事もして結婚式の準備もして新婚旅行もして…やりたいことは全部やる!

という自分中心の生活でした。

まだ若かったし、体力にも自信があったし、それでいいと思ってたんです。

 

でも、実際はそうじゃなかった。当たり前ですよね。

情けないけれど、安静生活を強いられるまで気づかなかったんです。

育児をしていく中で

「なんでこんなにやってるのに上手くいかないの?!」

「全然思い通りにならない!!」

なんてことは、ふつうに起こります。むしろそんなことだらけ)^o^(

 

安静生活で自分の体すら思い通りにならない経験をしなかったら、そんな育児の困難に立ち向かえなかったと思います。

だってそれまでは大体自分の思い通りに動いてこれたから。

安静生活は、思い通りにならないことを受け入れる練習だったのかな〜と今では思います。

安静生活は、36週の時に解除になりました。

入院一歩手前までいってたのに、38週まで持たせることができました(^。^)ちゃんと元気に生まれてきてくれましたよ。

切迫だったからとは言い切れませんが、超スピード安産でした。本格的な陣痛がきてから5時間、分娩台に上がって15分くらいで生まれました!初産にしてはかなり早いでしょ!(笑)

 

まとめ

今安静生活を過ごしている妊婦さん、毎日不安な思いをされていることでしょう。

何もできずに横になっている自分が歯がゆくて悔しいですよね。

だけど、長い人生の中でたったの数ヶ月です!今は辛いけれど、必ず終わりはきます。

赤ちゃんが生まれれば、ずっと横になっているなんてまず無理です(^。^)あーちょっと横になりたい!と思っても無理なときありますよ(笑)

ほんとに今だけです。ゆっくりしましょう♪

 

気分が落ち込みそうなときは、明るい気持ちになることだけを考えて(^。^)

 

暗い気持ちで毎日過ごしてると、私みたいにお腹の赤ちゃんに怒られちゃいますよ(o^^o)

お腹の赤ちゃんも、一生懸命大きくなってます!赤ちゃんと一緒に乗り越えるつもりでいきましょう♪

-体験記事, 妊娠
-

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.