子育てしながらできる仕事でオススメは?その条件について~

ママが働く1番の理由は、もちろん経済面だと思いますが・・「子育てしかしていないと息が詰まる!」これも理由のひとつではないでしょうか。

少なくとも、私はそうでした(^^;)

 

でも、子育てしながら仕事ができるのか不安ですよね。

妊娠前から勤めている会社でも、出産して働いてみるとしんどくて辞めてしまう人もいるくらいですから、これから新しく仕事を探そうとするとなおさら不安になってしまいます。

 

そこで、ここでは自称「ゆるめのワーママ」の私が、実体験を元に子育て中にオススメの仕事やその条件についてお話しします。

私は、1年半勤めた会社で「産休育休」をとり、第1子出産後に2年弱働き、2度目の産休育休に入りました。

そして現在、第2子を出産をして復帰しました。

つまり、2歳の女の子と0歳の男の子を育てながら働いています。

 

なぜ、いっぱいっぱいになりやすい私でも育児しながら仕事が続けられているのか。

キーワードは「頑張らない」

あなたの職探しの参考になればうれしく思います(^^)

育児中でも仕事がしたい!私のオススメ教えます

共働きの家庭なら、保育園に子供を預けるのが一般的ですよね。

でも、子供が小さいと熱が出たり、体調を崩したりが多くて何かと呼び出しが多そう…

「こんな状況で働けるの?」って不安になる気持ちわかります。

そこでいきなりですが、私が育児中のママにぜひオススメしたい仕事を紹介します(^^)

 

クラウドソーシング

在宅で、パソコンかスマホがあれば、すきま時間にすぐ始められるのがクラウドソーシングの魅力です。

どんなものかというと、まずサイトに登録してどんな仕事をしたいか条件で絞ります。

すると、その条件に合った仕事をしてくれる人を求めている発注者がいますので、連絡をとりあってお仕事スタートとなるわけです。

お仕事の種類としては

簡単なアンケートからライティングやデータ入力、専門的なデザインやWeb作製の仕事までさまざま。

 

これだったら保育所に子供を預ける必要もなく、子供を見ながら自分のペースで仕事ができるのでオススメですよ。

実際に私も「クラウドワークス」さんを副業的に利用しているのですが、育児中でもムリなくできる仕事がたくさん紹介されているので助かってます。

在宅ワークに興味があれば覗いてみてください。

参考在宅ワークならクラウドワークス

 

家事代行スタッフ

家でいつもやっている「家事」がお仕事に!

某ドラマで大注目されましたよね。

拘束時間が長そうなイメージですが「CaSy」なら、週1日、しかも2時間からでもOKなのでムリなく働けます。

いつも家でやっている事なら「一体何をどうすれば」みたいな指示待ちのストレスも少なく即戦力として働けるので、やる気が出ること間違いなしです(^^)

参考ちょっとした空き時間を有効活用。時給1450円からの家事代行のお仕事。

 

事務職

私の職種がコレです。

会社によるかもしれませんが、事務職って良く言えば「根気のいる作業が多い」悪く言えば「誰でもできる仕事が多い」

だからこそ、育児中に向いていると私は感じました。

次で詳しくその理由を説明しますね(^^)

 

子育てしながらできる仕事の条件はコレ!

今の会社には結婚を期にパートとして入社しました。

前職では営業をしていたのですが、朝は早く夜は遅かったので、結婚生活にムリが出そうだと思い、職種を変えることにしました。

3ヶ月くらいで正社員として雇用されることになり、若干の戸惑いはあったのですが…

 

結果、大成功でした。

 

職種的にも会社の雰囲気的にも(^^)

現に今、育児中でもムリなく、仕事を続けられています。

私が実体験から感じた子育てしながらできる仕事の条件は5つです。

※あくまで、私個人の意見です。「バリバリ働きたい!」という場合にはまったくオススメできないのでそれを踏まえてご覧ください。

 

定時で上がれて、残業が少ない

私が事務職を選択した1番の理由です。

残業して保育所へお迎えに行って、買い物して、晩御飯作って…

って考えただけで私はしんどいです(笑)

事務職ってたしかに、特殊な資格が不要で誰でもできるような仕事が多いですが、子育て中にはそれが利点。

「自分しかできない仕事」だと、子供第一で動けませんから。

 

職場にワーママが多い

今の会社に転職して、結果1番良かった点がこれです。

ワーママが多いと、子供の病気や行事で仕事を抜けることに理解が得られやすい。

また、お互い様なところも出てくるので本当に働きやすいです。

 

体力的にしんどくない

残業が少ないということにも共通するのですが、子育ては体力勝負。

仕事ではできるだけ頭だけ使って、体力は温存しときましょう。

 

土日祝は休み

私の通わせている保育園は市立で、土曜日が追加料金、日曜日はお休みなので、この条件が大切でした。

ただ、土日でも見てくれる保育所や土日メインの仕事もありますので、あくまで私の場合として挙げさせて頂きました。

 

小規模の会社

大企業の方が福利厚生がしっかりしていていい!

ずっとそう思っていました。

でも小規模の会社の方が、一人ひとりに融通が効くんです。

大企業だと1人例外を認めると後が色々ややこしい。

また、ちゃんとした決まりを作っているからなかなか融通が効かないんですよね。

旦那が大企業に勤めているんですが・・そんな感じです。

福利厚生がしっかりしている点では本当に羨ましいんですが、「子育てをメイン」に考えた時に、時間や仕事面での融通が効く点で私は小規模の会社をオススメします。

 

育児中での仕事で気を付けていること

自分で言います。

私はキャパが少ない人間です。

しかも仕事を家庭にめっちゃ持ち込みます。

そんな私が仕事を続けるために気を付けている事は

  1. ムリをしない
  2. 感謝の気持ちを忘れない

この2点です。

 

ムリをしない

事務職という職種柄、仕事量が多くなっていっぱいいっぱいになってくると同僚にお願いしちゃいます。

その代わりと言っては何ですが、自分の余裕がある時には、誰かが忙しくしていると声をかけるよう心掛けています(^^)

 

感謝の気持ちを忘れない

ワーママが多い職場では助け合いが当たり前。

でも、自分が抜けている間を埋めてくれている同僚への感謝の気持ちは忘れないように気を付けています。

たとえば、子供の用事等でお休みをもらった時には、

「昨日はありがとうございました。」

と、あらかじめ予定していた休みの場合でもしっかりお礼をいうようにしています。

 

今後、気持ちよく仕事できるか否かこれだけで変わってきますよ。

ゆるめのワーママでも任された仕事は仕事。

頼れるものには頼りますが、どんな形であれ遂行するようにだけはしてます(^^)

 

まとめ

いかがでしたか。

私が思う子育てしながらでもできる仕事は

  • しんどくない
  • 時間に融通が効く
  • 子育てに対する理解が職場にある

ということです。

 

新卒で就職したときは、「バリバリ働くぞ!」って気持ちだったんですが、私の場合、メインよりサポートが向いている事に気付いちゃったんですよね(^^;)

なので、こうしたゆるーい条件に行き着きました(笑)

世の中には色んな仕事がありますが、子供にとってママが毎日にこにこしている事が1番!

自分らしくいられて、子育ての息抜きになるような仕事があなたに見つかりますように。

-ワーママ
-

© 2020 ne-MaMa