子供が物事を上手く説明できない!小学生の会話下手を改善する方法とは?

子供と話をしていると、「え!?何が言いたいの!?」ってことありませんか?

私は以前、小学校の先生をしていたんですが、自分の思っていることがうまく伝えられない子って、結構います。

聞いてる方も、意味がわからないし、話してる方もうまく伝わらなくてモヤモヤしちゃいますよね。

「まだ小学生だし、しょうがないのかな〜」って片付けちゃダメ!

 

言葉はコミュニケーションのために一番大切なツール!

 

自分の気持ちがうまく伝えられないために、誤解を生んだり、友達とケンカになるなんてこともあるんですよ。

説明が下手な子を話し上手にするためには、一番身近でよく話す、お母さんとの会話が大切!

お母さんが話し方を工夫して教えてあげれば、子供はみるみる成長していきますよ♪

 

そこで今回は、子供の話下手を改善するとっておきの方法についてお話ししたいと思います。

上手に話せるというのは、一生の財産!

子供の世界をもっともっと広げてあげることができますよ( ^ω^ )

子供が物事を上手く説明できないみたい…

「先生!ビューンってね、飛行機がね、ゴゴゴーってね、すごくてね、あっちに飛んでったよ!パパと!」

私が教師時代に経験した、本当に意味がわからなかった子供の言葉です(笑)

意味不明ですよね^^;

 

どうやら、昨日空港にパパと飛行機を見に行ったらしく、その時の飛行機の様子を話してくれていたようです。

大人だから、なんとな〜く考えれば伝わりますが、もし相手が子供なら、「何言ってるか意味わかんない!」と、ケンカになりかねません。

話が下手な子に共通するのは‥

  • 5W1H(主に主語がないのが特徴)
  • 擬音語やこそあど言葉が多い
  • 言葉の順番がめちゃくちゃ

 

5W1Hとは

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • だれが(Who)
  • なにを(What)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)

という会話のポイントのことです。

 

特に主語がないと、なんのことを話してるのかさっぱりわかりませんよね。

また、ビューンやゴゴゴーのように、擬音語が多かったり、「アレとって」などのような、こそあど言葉が多いのも困りもの。

おまけに言葉の順番がめちゃくちゃだから、推察するのも一苦労(^^;;

改善してあげようにも、何をどうしてあげたらいいのか、もうお手上げ状態ですよね‥。

 

話し方が下手なのは小学生だったら仕方ない?

小学生だから、話し方が下手でもまだ大丈夫‥

なんてふうには考えて欲しくないです。

言葉はコミュニケーションの大切なツールですから、話下手だともどかしい思いをすることがたくさんあるはずですから( ; ; )

上手く喋れないことが原因でケンカになったなんてことになったら可哀想ですよね。

子供が話下手になるのには、ちゃんと原因があります。

まずは原因をお話ししますので、あなたのお子さんに当てはまるかどうか考えてみてください(^ ^)

 

話さなくても伝わってしまうから

家族って、ずっと一緒に過ごしてきてるから、相手の考えてることが何となくわかることってありますよね。

例えば、子供が「アレ食べたい!」って言ったとします。

普通の人は、「アレ」じゃ何かわかりませんよね。

だけど子供の事を知り尽くしてるお母さんなら、「ああ、プリンね」ってわかっちゃう!(笑)

以心伝心じゃないですが、名詞を言わなくても伝わっちゃうんです。

すごい人だと、「アレをアレして〜」なんて言っても伝わっちゃったりね^^;

このやり取りが染み付いちゃってると、主語がなかったり、こそあど言葉ばかりの話し方をするようになってしまいます。

 

頭の中でまとめる前に言葉にしてしまっている

大人でも、興奮した時って支離滅裂に喋っちゃうことってありますよね。

「すごい!ふわふわでパンケーキで、美味しくてとろける!」

みたいな感じに(笑)

これは、頭で考えるまでに言葉にしてしまっていることが原因。

話したい!って気持ちが強くて、話の文法に気をつけられなくなってるんです。

普通に喋れることもあるのに、楽しいことや怖かったことなど、興奮している時に話し方が下手になる場合は、このことが原因だと考えられます。

 

小学生の会話下手を改善する方法とは!?

子供の会話下手を改善してあげたい!!!

「いつ?」「誰が?」「なにを?」という会話のポイントを意識させよう!

話すのがどんどん上手になる方法を伝授しますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

言い直させる

子供の話の意味がわからなかったら、その都度指摘してあげてください。

  • だれが?
  • いつ?
  • どこで?

って質問をして、その答えから親がお手本を示します。

そして、子供にもう一度同じ話をさせる!

「そっか〜!そういうことだったのか!〇〇ちゃんが、〇〇したって言ってくれたからわかりやすかったよ〜!」と褒めて、主語などの大切さを教えてあげてください。

 

Amita
いちいち質問すると子供がイライラするっていう場合は、ゲームにしてしまうのもアリ!

「だれが?」「いつ?」などが書かれたカードを用意し、答えさせてあげると、会話に必要なセンテンスを理解させることができますよ。

 

文章にさせる

書くという作業をすると、話したいことを一度整理することができるので、意味のある文章が話しやすくなります。

お母さんがこんな感じに表を作ってあげると、ポイントがわかりやすいですよ↓

いつ 例)放課後に
だれが 例)〇〇ちゃんが
どこで 例)公園で
なにをした 例)ブランコに乗った

慣れてくれば、文字を書かなくても言葉にできるようになってきます♪

 

まとめ

子供の話し方を改善したいなら、親の話し方にも注意!

「ソレとって〜」なんて当たり前に言ってませんか?

子供は親の背中を見て育つので、お父さんとお母さんの話し方も気をつける必要があります。

 

また、子供が少しでも話すのが上手になったらたくさん褒めてあげてください。

子供って、怒るより褒めてあげる方がめちゃくちゃ伸びるんですよ( ^ω^ )

そのうち自然と自分で意識しながら上手な会話ができるようになります♪

そのキッカケづくりをするのがお母さんの役目です。

頑張ってくださいね\(^^)/

-小学校
-

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.