「赤りんご」プロフィール

プロフィール

【年齢】20代後半
【出身】中国地方出身。今は九州に住んでます
【家族】夫、子ども(2歳娘、0歳息子)
【仕事】専業主婦。結婚前は介護施設で調理してました。
【趣味】料理、お菓子作り、園芸
【好きな食べ物】チョコレートは常備!焼きそば
【好きな芸能人】滝藤賢一さん、木村佳乃さん
【好きな歌手】miwaさん「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」を聞くたび泣きそうになります。

 

はじめまして!赤りんごと言います。

「栄養士免許」を取得後、調理師として働き、結婚を機に退職し九州に越してきました!

夫婦共に、地元が車で6〜8時間かかる所なので、親には頼れず日々「ワンオペ育児」に奮闘しています。

 

「イヤイヤ期」真っ盛り、アンパンマンloveな娘に手を焼いて怒ってばかりで、息子も抱っこして欲しくてギャン泣き!

毎日「どっちの泣き声が大きいか大会」が開催されています(笑)

途方にくれる時もしょっちゅう…

怒りすぎて反省する夜なんかほぼ毎日…

「怒る」じゃなくて「叱る」がしたいけど出来てない…

そんな毎日を繰り返してして過ごしています。

こんな私ですが、「子どもの食事」や、「子育てでの失敗からの学び」など、少しでもお役に立てる事を書こうと思うので、よろしくお願いします!

価値観が合わない…喧嘩ばかりしてます

「よく価値観の違いで別れた」って言いますが、夫婦で同じ価値観を持っているって本当に大事だと思います。

でも・・・実際は合わないですよね〜(泣)

私達夫婦もです。

 

私の思う常識と、彼の常識がまるで違うから、まあ〜喧嘩した!(笑)

それは今も同じで、子どもの前でも言い合いをして

「もう、ケンカはダメ!」

って娘に言われちゃうぐらいダメダメ夫婦になってしまいました (汗)

付き合ってる時は思わなかったのに、人を見極めるって難しいです。

何度、「実家に帰ってやる!」「別れてやる!」って思った事か(笑)

 

娘妊娠!まさかの帝王切開!

そんな私達夫婦ですが、ありがたい事に子どもを意識してから割とすぐに授かれました。

里帰り出産は最初から決めていたので、地元の病院で検診を受けたんですが、「前置胎盤」(出産前には「辺縁前置胎盤」になってました)と診断され、まさかの「帝王切開」で出産になりました。

 

前置胎盤、辺縁前置胎盤とは?リスクは?

・前置胎盤

胎盤が内子宮口を塞ぐように出来てしまいます。

そのままでは分娩する時に胎盤が先に出てしまい、赤ちゃんが危険になります(出産方法は帝王切開でのみ(ただし、妊娠が進むにつれ胎盤が動き出産時には問題ない位置になっている事もあります。)

・部分前置胎盤
  • 胎盤が内子宮口の一部にかかっている
  • 以下前置胎盤と同じ
・辺縁前置胎盤

胎盤が内子宮口の端に掛かっている。(病院によっては胎盤の位置によって普通分娩をする場合もあるようです。)

・低置胎盤
  • 胎盤が正常の位置より低い
  • リスクは前置胎盤と同じ
・前置胎盤によるリスク
  • 不正出血になる可能性が高い
  • 帝王切開中での大量出血もあり得る
  • 出血が止まらず子宮全摘出もあり得る
  • 癒着胎盤の可能性も高い

 

前置胎盤について詳しくはこちら↓

【公益社団法人 日本産科婦人科学会】
URL:http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=2

 

幸い私は出血もなく、管理入院もする事もなく出産できました。

大量出血に備えて自己血を採っておきましたが、術中に使う事なく、勿体無いからと術後に点滴で戻されましたよ(笑)

「前置胎盤」といわれ、不安になっている方もいると思いますが、こんなパターンもあります!

良いイメージを持って安静に過ごしてくださいね!

 

子育ては可愛い可愛いだけじゃダメだった…

産まれた娘は両家共に初孫だったので、もう皆んながベロベロに可愛がり…

食欲旺盛な「わがままガール」に仕上がりました…(泣笑)

娘は頑固ちゃんなので、泣き喚いて意地を通そうとするし、叩いたり押したり…

お菓子で毎回釣るのもどうかと思いつつ、お友達と遊ぶ事も増えてくるのに「このままではだめだ」と、そろそろ軌道修正したい所ですが、中々私も怒ってばかりで上手くいきません…(泣)

 

2人目出産。2人育児って楽しいけど、悩みも増える

2歳差で2人目である息子を出産し、覚悟していた赤ちゃん返りが始まります。

最初は「赤ちゃんが可愛くてたまらない〜」という反応だったのが、家に帰ってから一変!

私、嫌われました…( ノД`)シクシク…

 

完全なる「お父さんっ子」に変身し、私が近寄ろうものなら絶叫、叩くわ蹴られるわ…

本気で娘のお母さんやめようかと思いました。

主人が「これはいかん」と、何をするにも私を巻き込むようにしてくれたお陰で、今では落ち着いてきて、元の娘に戻りつつありますが、「抱っこ」や「トイレ」が口癖のようになりました…。

 

構って欲しいんですよね…。

・・・分かってるんです。

・・・構ってあげたいけど、中々上手くいかないのが実情です。

それよりもお片づけや、「早く食べて〜!」っていうこっちの要求ばかり言っちゃってます…。

 

手探りで育児してます

1人目って何もかもが初めてだからか、つい力が入ります。

まだ「2歳なのに!」って言われるけど、ずっと一緒にいる母親(私)からしたら

2歳だけど、色んな事きちんと分かってる

って思っちゃうんです。

だから車が危ない事や、叩くなど「しちゃいけない事」はもちろん、お片づけなど、常識と言われるような事もキチンと知ってほしい。

でも、それを教えている私はいつも最後には怒っちゃう…。

聞いてくれない娘にイラっときてしまうんですよね。

弟ができてナイーブな時に、そんな事を求める私も厳しすぎるとは自覚しています…。

 

怒られてもやっぱりママが好き

なんでこんなに怒る私を娘は慕ってくれるのか、正直不思議に思います。

でも、仲直りした後にいつも思うのは、

「あ〜大好きだなあ」

「この子のこの笑顔をずっと守りたいな」

っていうことです。

子どもにギュ〜ってされたら、とてつもない幸せを感じます。

だからお返しにギュ〜!って潰れない程度に(笑)しちゃいます。

そんな想いが伝わっているから慕ってくれているのかな?って勝手に思ってます(笑)

 

最後に

色んな悩みを持って、その答えを探してこの「ne-mama」にたどり着いたんだと思います。

私も子育てで悩んでいる1人。

だからこそ、「悩みに共感したい」「何か良い方法があるなら共有したい!」って思ってしまいます。

 

私からも、「ママが手抜きをしたい時の献立」や「野菜が沢山食べられるおかず」、「一緒に作れるお菓子」なども追い追いご紹介していけたら良いなと思っています♪

また、栄養士らしく、「離乳食やアレルギー」「食育」などの不安や疑問を解決出来るような記事も書いていきますね!

 

ママは子どもの笑顔が好きなように、子供もママの笑顔が大好き!

なので、いつもニコニコのママでいられるように自分も成長しながら、失敗談も含め、少しでもお役に立てる情報をここで書かせてもらおうと思っています。

ママと子ども、2人3脚で一緒に成長していきましょう!

 icon-angle-double-right 赤りんごの記事をもっと見る

【PR】

-プロフィール
-

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.