赤ちゃんの写真を可愛く撮る6つの方法!撮り方しだいでスマホでもプロ級に!?

赤ちゃんの時期ってホント一瞬ですよね。

だから、この可愛い瞬間をいっぱい残しておきたい!

そう思ってスマホで写真を撮りまくるんですけど…

可愛く撮れてる時と可愛く撮れてない時ないですか?(^^;

 

肉眼で見ていると、とっても可愛い我が子。

でも、撮った写真を見返すとなんか見劣りする。

あなたはこんな経験ないですか?

私は良くあります(>_<)

 

「・・・こんなはずは無い!」

その一心で赤ちゃんを可愛く撮る方法を私なりに研究してみました!

 

うちにも、もうすぐ半年になる赤ちゃんがいるのですが、その研究結果を活かして、なかなかの写真がスマホでも撮れてます(^^)

具体的にどれくらいかと言うと、パパやおばあちゃん(実母)から

「その写真良い!ちょうだい!」

ってしょっちゅう言われるぐらい。

 

そして、パパから義母にその写真がわたり、引き伸ばしてリビングに飾られるぐらい!

ただの親バカ、ばばバカかはあなたがコレを読んで判断してやって下さい(笑)

本当になぜ、お姉ちゃんの時に気付けなかったのか…

そう思う今日この頃です。

 

先に言っておきます。

素人の私が経験から編み出した方法なので、簡単です!

すぐ真似できるものばかりなので、赤ちゃんをスマホでもっと可愛く撮りたいと悩んでいるそこのあなた!是非試してみて下さいね♪

赤ちゃんの写真を可愛く撮る方法が分からない!

「うちの子、モデルになれちゃうかも!?」

あなたもそう思ったこと一度はあるでしょ?

私はもう何百回も思ってます(笑)

 

でも、スマホで写真を撮ってみるとなんとも微妙なお顔…(^^;

かと思えば、「ほら、オムツモデルみたい!」っていう最高の写真が撮れる時も。

同じ様に撮っているのに、なぜ!?

昨今のスマホは画質が良くなっていて機能も良いから、多分私のせい…

大人でも良くありますよね。

写真写りが良い時と悪い時。

 

ある程度、自分の好きな角度や小顔の見せ方等が分かってくると、自分で良い写りになるように調整できるんですけど、赤ちゃんの場合は100%ママの写真の腕にかかってきます。

「どうせ撮るなら、可愛い我が子を残したい!」

そう思って、私なりに何が違うのか、どう撮れば可愛く撮れるのかを研究してみましたので、発表します!

 

赤ちゃんの写真は撮り方によってスマホでもこんなに違った!

まずは、なぜ写真が微妙になってしまうのか、その理由をいくつか紹介します。

 

笑顔が撮れてない

赤ちゃんの笑顔は天使♪

笑った瞬間を撮ろうとするんですけど、赤ちゃんの笑顔って一瞬なんですよね。

「ごめん、もう1回笑って!」

が、通用しません。

しかも、さっきまで笑ってたのが次見たら泣いてる。

赤ちゃんの機嫌って変わりやすいんですよね。

笑顔が撮れた!と思っていたら、笑顔から真顔に直る瞬間が撮れていてなんとも微妙なお顔に…なんてこともしばしば。

「笑顔の写真が撮れてない」なんて根本的な事だと思われるかもしれませんが、赤ちゃん相手だとこれがなかなか難しいんですよね(^^;

 

真正面から撮っている

これは大人も一緒ですよね。

免許証の写真等は真正面から撮られるので、誰にも見せたくない写真になることが多いと思います(笑)

真正面から撮ると目も小さく写るし、顔も大きく写る。

やめてー(T_T)

 

これは赤ちゃんも一緒で、特にママ目線だと見下ろしていることが多いですよね。

逆に言うと、赤ちゃんがママを見上げている状態。

それなのに、写真を真正面から撮ってしまうと、ここにギャップが生まれちゃいます。

見る目線が違うと被写体が違って見えるのは当たり前!

これ要注意です。

 

真上から撮っている

真正面から撮った場合と共通する点はいくつかあるんですが、これは可愛い服を着せた時に多いです。

特にねんね期の赤ちゃん。

「可愛い服を着せたから、全身を撮ろう♪」

と思って、真上から全身が写るように撮ります。

確かに服は可愛い。

けど我が子が…。

ねんね期の赤ちゃんだと真上から撮ると良く二重顎になっちゃってませんか?

これも可愛いと言えば可愛いんですけど、求めてる可愛さと違う!(>_<)

 

光の加減

これは、私の個人的な好みかもしれませんが、暗いところでフラッシュを炊いて撮るより、自然光や暖色系の明かりの下で撮る方が赤ちゃんが柔らかな印象になります。

これだけで、だいぶ印象が変わりますよ(^^)

じゃあ、可愛く撮れているときは?その答えは簡単。

その逆をやっている時です。

  • 笑顔である
  • 気持ち上から撮っている
  • 柔らかい光を使っている

これが出来ているときに、「オムツモデルみたい!」な写真が撮れるんですね!

 

赤ちゃんの写真を可愛く撮る6つの方法

では、具体的にどうすれば赤ちゃんが可愛く撮れるのか、また、可愛く撮れる状態に持っていけるのか、私が実際にやっている事を紹介します。

 

機嫌が良い時を狙う

当たり前ですが、機嫌が良い時は笑顔が出やすい!

泣いていなくても、眠たかったり、お腹が空いていたりすると笑顔は出にくいので要注意。

 

お気に入りのおもちゃを使う

赤ちゃんが見ているだけで笑顔になるおもちゃって1つはありますよね。

それを使って最高の笑顔を引き出しましょう!

ちなみに、うちの子はオラフのパペットでした(笑)

 

風を送る

顔に風がかかると赤ちゃんって楽しくなっちゃいます。

うちは2人ともそうだったので、まず間違いないはず。

うちわがあればベストですが、無い場合はママの息を吹きかけてあげるだけでも笑顔になりますよ♪

 

連写機能を使う

先にも挙げたように、赤ちゃんの笑顔は一瞬。

じゃあ、その一瞬をたくさん撮れるようにしちゃいましょう!

ってことで、連写機能はおすすめです。

iPhone 6s以降の方は、写真を撮るときに前後数秒間も一緒に撮れて、お気に入りの瞬間を切り取れる「Live Photos」もおすすめです。

 

斜め上から撮る

若い子みたいですが(笑)

この方法は、赤ちゃんも可愛くしてくれます。

全身を撮りたい時にも、下から見上げるように撮るのではなく、頭側に回って赤ちゃんに見上げさせるように撮ると可愛くなりますよ♪

また、うつ伏せにして顔を持ち上げられる赤ちゃんは、寝たまま撮るよりその状態で撮った方が上目遣いになって可愛く撮れるので是非やってみて下さい(^^)

 

柔らかい明かりや自然光で撮る

先ほど少し説明したように、赤ちゃんの柔らかい感じを引き出した方が可愛く撮れます。

写真館等の設備は別として、スマホで撮るならフラッシュを炊くより自然光を利用する方がおすすめです。

 

番外編!?私のおすすめアプリ

ずばり「SNOW」です!

顔交換アプリで有名になったアレです。

あまりにも有名なので、知ってる方や取り込んでる方も多いのではないでしょうか?

スタンプでおもしろ写真が撮れるだけではなく、プリクラ並みに盛った写真が撮れちゃいます♪

ちょっと裏技的なやり方になりますが、普通に撮るのとは違った可愛さが楽しめるので、是非試してみて下さい(^^)

 

SNOW - ビューティー効果&メイク機能付き自撮りカメラ

SNOW - ビューティー効果&メイク機能付き自撮りカメラ

SNOW INC.無料posted withアプリーチ

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

簡単な方法ばかりだったでしょ?(笑)

赤ちゃんを可愛く撮るポイントは笑顔と角度、そして光!

 

赤ちゃんを笑顔にするために

  • 機嫌の良い時を見極める
  • お気に入りのおもちゃを使う
  • 風を送ってみる

 

次に、斜め上からスマホを構え、連写機能等で笑顔の瞬間を逃さない!

そして、私のおすすめは、暖色系の明かりや自然光です(^^)

以上の事を押さえれば本当にオムツモデルみたいな写真が撮れるので、赤ちゃんをもっと可愛く撮りたい方は是非試してみて下さいね♪

【PR】

-生活
-

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.