赤ちゃんに知恵熱が無かったから心配?大丈夫!迷信だから

個人差もありますが、赤ちゃんは生後半年頃から熱を出す事が増えてきます。

うちの子もよく熱を出す赤ちゃんでした…(^^;

突然、原因不明な高熱が出て心配した事を覚えています。

母親からしたら熱が出ても出なかったとしても、大切な我が子のこととなると無性に心配になりますよね…。

結論から言いますと、これは知恵熱ではありません!

今回は「知恵熱」について私が経験した事も踏まえてお話したいと思います。

 赤ちゃんに知恵熱が無かったんだけど大丈夫?

お母さんが「みんなが知恵熱があったと言っている事を我が子だけが無かった」と知った時の不安な気持ち、本当によくわかります!

我が子は突発性発疹がでないまま児童期に入りました。

みんなが経験したという話を聞くと「なんでうちの子だけないの?」ってとても心配した事を覚えています。

だけど、無くて大丈夫なのです!

安心してください☆

 

知恵熱とは迷信です!

 

次に我が子が原因不明の熱が出て、翌日には熱がすっかり下がった時に心配で調べた内容についてお話します!

 

知恵熱って迷信?本当にあるのか

まずは「知恵熱」の意味を辞書で調べてみましょう。

「広辞苑 第6版」(平成20年・岩波書店)
ちえ-ねつ【知恵熱】

乳児が知恵づきはじめる頃,不意に出る熱。ちえぼとり。

とあります。

 

この辞書の言葉を見てしまうと、知恵づきはじめる時期にみんな熱が出るのかと思い、ふと心配になります。

私もそうでした!

だから子どもが突然、熱を出した時に小児科の先生に

「これは知恵熱ですか?」

と尋ねたことがあります。

するとその時の答えは、

「昔の人はよくそう言ったけど、医学用語で知恵熱なんてものはない!!」

と断言されました(^o^)

 

そもそも熱が出るのはウィルスなど何らかの原因があるそうです。原因不明な熱などないと言う事です!

 

ちょうど生後半年くらいの赤ちゃんは、母体から受ける免疫力が消えてくる時期でもあります。

また、首も座り、外へ出やすくなる時期でもあるため、外部からウィルスを受けやすくなります。

それも重なって突然、熱を出す事が増えます。

 

昔の人は、生後半年というと知恵もついてくる時期でもあるため、「頭を使ったから熱が出た」などと言いましたが、母体からの免疫力が少なくなった赤ちゃんが、ウイルス感染などの感染症や環境温度による体温の上昇などの原因によって熱が出たと考えられます。

 

知恵熱が出ない我が子がまだ心配?

上記を読んでいただいた通り、知恵熱にそもそも明確な定義がないので、もしかしたら熱が出たことがあったかもしれませんが今まで、気づかずに来ただけかもしれません。

そして気づいていたとしても、それは知恵熱ではなく、ウィルス感染などの原因のある熱です!!

だから安心していただいて大丈夫なのです(^o^)

 

まとめ

今回は「知恵熱」についてお話させていただきました。

母親は大切な我が子のことを思うと、どのような状況におかれても心配で悩んでしまします。

それは私も同じなので気持ちがよくわかります!

今の世の中、様々な情報が錯乱し、何を信じて何が正しいのかわからなくなっているからこそ、お母さんを悩ませてしまうのだと思います。

どのような状況になったとしても一喜一憂せず、まずは周りの家族などに話をしてみたりして、一呼吸してみましょう。

すると安心できることがあるかもしれません。

それでも心配でしたら、今の自分とお子様の状況を受け入れましょう。

【PR】

-マメ知識, 赤ちゃん・悩み

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.