絵本の読み聞かせはいつからすべき?月齢が小さい赤ちゃんも喜ぶ方法とは

子供の教育にいいと言われる絵本の読み聞かせ。

張り切って読み聞かせてみたけれど、子供は全くの無反応‥。

「まだ言葉を理解できない乳児には、読み聞かせなんて意味がないのかな?」

こんなふうに考えていませんか?

 

「言葉が理解 = 意味がない」

なんてことはありません!

 

絵本の読み聞かせは、0歳の赤ちゃんにもちゃんと効果があるんですよ( ^ω^ )

だけど、乳児にピッタリな絵本選びと、ママの上手な読み聞かせ方が重要です。

 

読み聞かせ方のポイントさえ押さえれば、あなたのお子さんもビックリするぐらい絵本に興味を持ってくれるようになりますよ。

そこで今回は、赤ちゃんへの効果的な読み聞かせ方と、低月齢の子にオススメの絵本についてご紹介していきますね♪

絵本の読み聞かせはいつからが効果的?

絵本の読み聞かせは何ヶ月からしてあげるべき?

答えは、何ヶ月からでもOK!

生まれてすぐからでも意味があるんですよ( ^ω^ )

 

でももちろん、乳児期の赤ちゃんは言葉を理解して聞くことはできません。

生後2ヶ月くらいまでは、視力もまだ発達していないので絵を見せてもあまり意味はありません。

 

だけど、聴覚は発達しているので音やリズムを楽しむことはできます!

絵本の読み聞かせというより、ママの声を聞かせるという感じですが、脳に刺激を与えることができるんですよ。

生後3ヶ月くらいになると、色や形が徐々に分かってくるようになります。

この頃からは、絵を見せてあげながら読み聞かせをすると、ジーっと見つめるたりとリアクションを示すように!

親子でコミュニケーションを楽しみながら読み聞かせしてあげるといいですね。

ココがポイント

絵本の読み聞かせには、読解力・語彙力・表現力のアップ、知能の向上、情緒面に好影響があるなど、メリットがたくさん!

早すぎるということはないので、今日からでも絵本の読み聞かせを始めて、絵本に慣れ親しませてあげましょう(o^^o)

 

赤ちゃんに絵本を読み聞かせるときに是非やって欲しい方法

ママと身体を触れあわせながら読む

ママと身体を触れあわせることで、赤ちゃんは情緒面が安定します。

腰がすわっているなら、ママの膝の上で。

腰座り前なら、一緒にゴロンと仰向けがうつ伏せになって読んであげるといいですね。

 

メリハリをつける

赤ちゃんは言葉の意味はわかりません。

だけど、ママの声の変化を感じることはできます。

メリハリをつけて読んであげると、子供が興味を抱きやすいですよ。

また、出てくる絵を指差しながら読んであげるのも効果的です。

 

赤ちゃんの反応を見ながら読む

赤ちゃんが声を出したり、指差しをしたら、それに応えてあげましょう!

「ワンワンかわいいね!」

「美味しそうなリンゴだね!」

というように、言葉を返してあげれば、赤ちゃんの興味を広げてあげることができますよ。

ココに注意

子供が次々ページをめくっていくのを止めてはダメ!絵本を嫌いになる原因になってしまいます。

子供のペースに合わせて、読み聞かせることが大切です。

 

赤ちゃんにおススメの絵本!3ヶ月でも興味津々!

絵を見ながら読み聞かせができるのは3ヶ月頃から。

  • 擬音語の多いもの
  • 言葉が繰り返されていてリズムのあるもの
  • 原色でハッキリしているもの

これらの特徴のある絵本がオススメです( ^ω^ )

3ヶ月の赤ちゃんでも興味を示すオススメの絵本についてご紹介しますので、参考にしてみてくださいね♪

 

1位 しましまぐるぐる

私の息子のファースト絵本♪

先程あげた特徴の3つ全てに当てはまります!

うちの息子もめちゃくちゃ気に入っていて、もう一年半以上読み聞かせています。

あなたのお子さんも、カラフルな色と、いろんなぐるぐるやしましまの虜になるはずです( ^ω^ )

20代女性

2ヶ月の息子に読み聞かせましたが、ニコニコしたりジーッと見つめたりして、かなり反応が良かったです!

 

2位 いないいないばああそび

これは私が子供の時からある仕掛け絵本!

不動の人気作品です(^ ^)

犬や猫、さらには可愛らしいかいじゅうまで、「いないいないばあ」をしてくれます。

見開き2ページに渡った大きな絵が、赤ちゃんの興味をひきます。

30代女性

イラストのダイナミックさもあり、子供が興味津々です。

「いないいないばあ」の繰り返しなので、言葉のわからない赤ちゃんでも楽しめますね。

 

3位 じゃあじゃあびりびり

イラストはカラフルだけど、シンプルな切り絵。

見開き1ページにつき1つの音が載っています。

自動車の「ぶーぶー」や、犬の「ワンワン」、水の「じゃあじゃあ」など、子供が大好きな擬音がたっぷりです♪

30代女性

2ヶ月の息子のために何冊か購入しましたが、この本にだけは、手足をばたつかせて反応しました。

擬音の心地よさと、ページごとにある色が気に入ったようです。

 

まとめ

私は息子が3ヶ月の時から読み聞かせを始めました。

初めはやっぱり、絵本を全く見てくれず一方通行で、本当に意味があるのか疑問でした。

でも、今日までずっと毎日読み聞かせをしてきた結果、今息子は絵本が大好き!

小さい時から読んでいる絵本は暗記しているようで、自分で喋りながらめくって読んでいます(笑)

 

効果が見られるのは、読み聞かせを初めてすぐではないですが、必ず子供に良い影響があります。

ぜひ、絵本の読み聞かせをしてあげてくださいね(^_^)

【PR】

-赤ちゃん
-,

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.