幼稚園のママ友は疲れる!ママ友との距離感を保って上手く付き合うコツ

幼稚園とは、かくも恐ろしき場所であった…。

幼稚園は、子供にとって産まれて初めて、お友達との集団生活を経験する場所です。

まだイヤイヤが取れない甘えん坊を、なんとかかんとか言いくるめて、やっと入園!

ママが「やれやれ」と思ったのもつかの間。

ママにとっての試練は、これからだったのです…。

 

「おはよう〜」

「ねえねえ、今日空いてる?ランチしない〜?」

「旦那さんは何やってる人なの?」

「うちの旦那がさぁ〜、夜しつこくって…」

 

え?えっ?

なにこれ!?

 

幼稚園は子供が通うものだと思ってたのに…ママ同士もがっつり関わらなきゃいけないの〜!?

子供の入園と同時に始まる、ママ同士の人間関係。

おばさん化が始まりつつある女達は、特有の図々しさと図太さを武器に、どんどん仲間を増やそうとあちらこちらでママ友作りを始めます。

これがなかなかどうして、難しい。

あまり深く関わりたくはないけど、子供同士は仲良くしてほしいと思うと、相手にしないわけにも行かないし…

とっっても、悩みますよね。

 

そこで!

ベタベタへばりつくママ友をサラリとかわし、スマートに程よく付き合いたい人は『割り切り付き合い術』を極めるべし!

割り切り付き合い術を使いこなせれば、ママ友に振り回されなくても大丈夫♪

ズルズルと強引なママ友に呑まれてしまう前に…ぜひ、続きを見てみて!

これが幼稚園ママ友の疲れる実態!

ママ友同士の付き合いは、朝一番で子供を幼稚園に送り届けた時から始まります…。

 

Aママ「おはようございます」

Bママ「あ、おはよう〜。Aちゃんおはよう!行ってらっしゃい〜」

Bママ「Aちゃんは、おうちどのあたりなの?」

Aママ「あ…あの、ここからまっすぐ行ったところのコンビニの裏あたりです」

Bママ「そうなの?うちとすぐ近くだよ〜。今度から一緒に通おうよ♪」

Aママ「え、あっはい…」

 

こうして始まった、ママ同士のお付き合い。

初めは、子供同士も喜ぶし、行き帰りだけの世間話程度と思っていたのだけれど…。

 

「今度から、下の名前で呼んでいい?」

「旦那さんは平日お仕事なの?今度ご挨拶したいな〜」

「ねえねえ、今日空いてる?ランチしない〜?」

「ごめんね、子供がどうしてもっていうから、早く来ちゃった☆」

 

私がパートで働いてるのもお構いなしに、朝早く来てみたり、早く帰りたいのにダラダラ遊びながら帰ったり…。

家族構成や主人こと、主人の仕事のこと、私の仕事のこと、実家の場所など…根掘り葉掘り何でも聞こうとしてきて、とにかく困る!

かといって一番近いのは B ちゃんの家ということは変わらず…。

子供同士は仲良くしているから、お付き合いは続けていきたいんだけど…。

 

「Aちゃんは習い事させないの?うちは、今度から英語に通わせようと思って。一緒に行かない?」

「今度、子供同士でおそろいコーデしようよ〜」

もういい加減にしてー!!

 

そこまで聞く!?聞かれたくない・教えたくない、ママ友トークの中身

たとえ友達同士でも、話したくないことや聞かれたくないことはあります。

  • 年齢のこと
  • 体型のこと
  • 家族構成のこと
  • 仕事のこと…。

ところが、どこにでも人のプライベートにずかずかと入り込んでくる人はいるのです。

「気心の知れた友達にも話さないことを、なんで話さなきゃいけないの!?」

喉元まで出かかった言葉をぐっとこらえて、笑顔でその場を取り繕わなければならないのが、ママ同士の辛いところ…。

子供との関係もあるから関係を断つわけにもいかないし…。

お互いに仲がわかってきたらいいけれど、誰かれかまわずにこんなこと↓を聞かないでー。

  • 幼稚園の先生やママ同士の悪口
  • 年齢や体型の話
  • 家族構成、夫の職業、ママの職業の話
  • 更年期障害について、子作り事情

 

これって、なれなれしすぎません!?ママ友との距離感

Bちゃんのママと親しくなって、我ながら『ママ友ぶり』が板についたと思う。

ママ友がいないのは嫌だから、Bちゃんママがいてくれてホッとしている。

でも、反面うんざりする時もある。

 

子供が一緒のときは、子供がいる手前『仲良くしなきゃ』と思うけど、子供と別れてまで無理に話を合わせるのが、しんどくてたまらない!

最近、特にうんざりの方が勝ってるかも…。

ママ友って、こんなに面倒くさいのかな…。

 

Aママ「Bちゃん、Bちゃんママ、おはよう〜」

Bママ「おはよっ。Aちゃんおはよう!あ、今日はポニーテールだ〜」

 

Bちゃんママは、子供に声を掛けてくれるところが◎。

いつもニコニコ明るくて、うちの子はBちゃんママに懐いている。

幼稚園まで通う道、子供同士は手を繋ぎ、子供を中心に話が進む。

子供たちは楽しそうだし、私も嬉しい。

でも、問題は子供と別れてから…。

幼稚園の正門前で、子供たちをお見送り。

 

子供たち「行ってきま〜す!!」

ABママ「いってらっしゃい〜」

「ここからが問題だわ。

Bちゃんママに誘われても、うまく逃げなきゃ!

もう、半日棒に振るのはたくさん!

Bちゃんママがこっちを向いた。

さあ、来るぞ!」

Bママ「ねえ、この後うちに寄らない?昨日クッキー作ったんだけど、作りすぎちゃってー。食べてほしいなー」

Aママ「あ…あの、今日はこのまま郵便局に用があるから…」

Bママ「あ、そうなんだ」

よし!逃げるが勝ち!

Aママ「うん、そうそう。じゃあ…」

Bママ「すぐそこでしょ?付き合うよ」

Aママ「えっ?」

Bママ「ちょうど、学資保険のパンフもらおうと思ってたんだ〜。行こ行こ♪」

Aママ「えぇ!?あっ、ちょっと〜(泣)」

 

一人になりたいのに、なんでついてきちゃうの〜!?

あぁ、今日も逃れられない…

 

これがベスト!なママ友付き合い

  • 子供の話題を中心に話す。特に、幼稚園の情報交換は積極的に!
  • 子供がいない時には、あまり干渉しない
  • 物のやりとりは、基本やらない。写真はプリントするより、データのみやり取りするほうが気軽にできて良い
  • 幼稚園の外で会うのは、子供同士で遊んだり、子供も一緒にランチに行くときなど。基本は子供と一緒!

 

うまい!ママ友付き合いのコツ

元来、女は群れたがる生き物です。それは、大人になっても、ママになっても同じこと。

しかし、主婦もヒマではありません。

家事があり、育児があり、人によってはパートなどの仕事も抱えています。

『ママ友』は、同じ年頃の子を持つ『仲間』でありながら、子供などの共通の話題で盛り上がれる『友達』でもあります。

でも、普通の友達は何があろうとなかろうと『友達』なのです。

それをわざわざ『ママ友』と呼んでいる時点で、ただの『友達』とは違います。

要は『ママ友』は、子供があってこその関係であるということです。

それを踏まえた上で、かしこくつき合っていきましょう!

 

もう振り回されない!ママ友との割り切り付き合い術!

こんな感じで(●`・ω・)ゞ<ok!

  • 情報交換してこそのママ友!幼稚園の情報、育児の悩みなど、ママならではの話題には、積極的に参加する!
  • 本当に気の合う人を除いて、子供を抜きでの付き合いは避ける。ランチやお茶に無理してまで付き合わなくてもOK!
  • 立ち入った話はしない!個人的なことをしつこく聞かれたら「それ以上の細かい話はいいじゃない」「個人的なことだから、話したくないな」と、正直に伝える
  • 困っていたら助け合う!(でも、いらぬお節介は迷惑なだけ!お互いに、困っているとき以外は踏み込みすぎない)

 

まとめ

子供「いってきます!」

Aママ「いってらっしゃい」

正門前で、子供に手を振る。

今日は、Bちゃんと一緒ではない。

もちろん、相変わらず家は近いけど、やっぱり毎日一緒に行くのはちょっとしんどい。

だから、何回か

「朝はパパとの時間をゆっくり取りたいから」

「まだ支度が出来ていないから先に行って」

と、自宅に来てもらうのを断ったら、毎朝来ることはなくなった。

その代わり、たまに幼稚園へ行く道の途中で会ったときには、こちらから声を掛けて一緒に行くことにしている。

Bちゃんママには

「パートで忙しいから」

「なかなか時間が取れなくて」

と、ママ同士の個人的な付き合いは断りながら、子供同士は積極的に遊ばせている。

最近は、そんな私のスタンスにちょっと馴れてくれたかも?

しつこい誘いが無くなって、とっても助かる。

こんな感じに付き合えるなら、ママ友の存在はありがたい。

困ったときには相談できるし、幼稚園の情報も教えあえる。

Bちゃんママは情報網が広いから、今となってはその情報網に頼りまくり^^;

でも、その分は私からも子供の写真を送ったり、時短家事のコツとかを教えてあげたりしてるから…

結局はお互い様かな?

私には、これくらいの付き合い方が合っているみたい。

これからも、Bちゃんママとはいい関係でいたいな。

もちろん、子供同士もね!

【PR】

-ママ友, 保育園・幼稚園
-

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.