子供の得意なことは伸ばしてあげるべき?才能の見つけ方は?

 

 

私にはまだ小さい子供がいますが、周りの子たちはチラホラ習い事を始めています。

『子供のために何かさせるべき?』とか

『周りの子より苦手そうだけど…』

とか親の私たちはあれこれ考えますよね?

一流アスリートは小さい頃から英才教育を受けていた…とか聞きますもんね。

得意なことを伸ばしてあげるべきなのか

という疑問から、才能の見つけ方までを

こども心理学にもとづいてお話ししていきますね(^^)

これからお子さんの才能にどう向き合えば良いのか分かるはずですよ!!

子供の得意なことは伸ばしてあげるべきなのか?

『レジリエンス=回復力。おれない心』

こども心理学の専門家は、近年の子どもはこの “おれない心” の弱さが問題だと言っています。

また、一度おれた心を修復できない人が犯罪に陥ったケースもあるそう…

専門的なちょっと怖い話になってしまいましたが、それくらい子どもの頃の心は大切だと言うことですね!

子どもが得意なことや興味を持ったことは

「親が伸ばしてあげる」というより

「見守る・手助けをする」

ように考えてみませんか?(^^)

そうすれば親子ともに色んなことを楽しめるようになりますよ♪

 

子供の好きなことランキングベスト3!

子どもが好きなことをしている時…

  1. 夢中になっている
  2. 勇気を出して挑戦している
  3. 失敗しても前向き

あなたから見てもそんな様子が伺えませんか?(^^)

小学生くらいになると男女一緒に遊ぶ機会も多く、好きなことってほぼ共通しているんです。

 

【子供が好きなこと】

1位 体を動かすこと

2位 もの作り、お絵かき

3位 楽器の演奏、歌

 

個人差はあると思いますが、皆んなこのようなことが好きですね♪

なにも “足が速い” とか “絵が上手” でなくでいいんです。

大事なのは好きかどうか!

あなたから見て、くだらないな〜と感じるようなことでも決して否定はせず認めてあげましょう(^^)

大げさかもしれませんが、それが子どもにとっては

「自分を認めてくれた」

という自信につながります☆

 

子どもの才能の見つけ方をご紹介!

子供の目がキラキラしている!

ずっと集中している!

そんなことを見逃さないようにしてあげましょう。そこに才能が隠れていますよ(^^)

 

例①:絵を描くとき

  • 色を考えて選んでいる。
  • 描くイメージをじっくり考えている。

それは自分が好きで考えている証拠!

お絵かき教室などに誘うのも良いかもしれませんね♪

 

例2:歌や演奏をしているとき

  • ペットボトルや木の枝を使ってリズムを刻んでいる。
  • リズムに合わせて歌詞をつけている

本格的な演奏じゃなくてもいいんです。子供を見てると “リズム感あるかも” なんて感じることありますよね?

歌やピアノ教室の体験に行ってみる?と提案してあげるのも良いでしょう♪

 

まとめ

子どもの得意なことを知るには、こう考えると良いですよ(^^) ↓ ↓

  • 自分の価値を押し付けない
  • 上手下手ではなく好きかどうか
  • 「やりなさい」よりも「やってみる?」

そして、テストの成績や運動能力を見るよりも、普段の何気ない遊びの中にこそその子の才能が隠れています!

そんな風に日常の遊びこそ、よーく見守ってあげませんか?(^^)

すると自然と

『子供の才能向き合う』ということができますよ!

どんな子にもその子にしかない才能が必ずあります!

小さなことでも認めて、褒めてあげましょう(^^)

【PR】

-子供の教育

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.