「子育てが大変で辛い…」そんな悩みから解放されるたったひとつの方法

子育ては一生懸命しないといけない?

子供と家族のために尽くさないといけない?

自分を犠牲にして一生懸命頑張れば、みんな幸せになる・・・そう思っていませんか?

子育てに一生懸命になりすぎて疲れてしまっているのなら、今していることが本当に「必要なことなのかどうか」を考え直す必要があります。

ここでは、そんな一生懸命頑張っているママさんへ、一生懸命になればなるほど子育ては辛くなる理由と、その悩みから解放されるたったひとつの方法についてご紹介したいと思います。

一生懸命になればなるほど子育ては辛くなる…

子育てって一生懸命になればなるほど思い通りにはいかないって知ってました?

それはなぜかというと、一生懸命になることでお母さんだけでなく、子供までもが辛くなるからです。

一生懸命になると過干渉になりやすくなります。『あれはダメ』『こうしなさい』『こうであってほしい』…。子供のためといいながら、親の理想を押し付けてしまうことが多々あります。それにノーと言える子はいいのですが(いわゆる反抗期ですね)言えない「いい子」がいるわけです。

そんな子は、一生懸命お母さんが望む通りにしようとします。

そのうち自分がどうしたいかわからなくなります。なぜなら、『自分がどうしたいか』より『親がどう思うか』が判断基準になってしまうからです。

自分の人生でなく親の人生を歩いてしまうんですね…。

大人から見れば「いい子」だったとしても、本人は生き辛さを感じてるかもしれません。ですから、子供が自分自身の人生を歩けるようにするためにも、子育てに一生懸命になりすぎない方がいいといえるのです。

 

子育ての悩みから解放されるたったひとつの方法

子育てをシンプルに考えると、些細なことに悩むことも減ってくると思います。

子育ての目標は「子供の幸せ」ですよね。

私は子供が『人生って楽しい!』『生まれてきてよかった!』と思えればそれでいいと思うのです。それには、子供が自分の気持ちに正直に生きること、自分自身の人生を生きることだと思っています。

とにかく愛情だけ注いで自己肯定感を高めてあげさえすれば、あとは子供が自分で人生を切り開いていくのではないでしょうか。

どんな人生を選ぶのかは、子供が自分で考えることであって親が決めることではありません。

「子供の幸せ」といいつつ、実はお母さんの願望が目標になってたりすると、思い通りにならなかったり、人と比較して悩みも増える一方ですよね。

愛情を注いであげさえすればいい、、そうシンプルに考えれば無駄に悩むこともなくなりますよ。

 

自分の人生を楽しみながら子育てしたら…

お母さんが「自分の人生を楽しむ」ことも大切だと思います。

なぜなら、そんな母親を見て子供も安心して自分の人生を楽しめるからです。

お母さんが不幸(ネガティブ)だと子供はかわいそうなお母さんをほっとくことができません。自分だけ楽しむことに罪悪感を感じ、かわいそうなお母さんの望む通りに生きてしまうからです。

お母さんが自分の人生を楽しむことは、子供を「自由にさせてあげること」になります。

過干渉だけでなくネガティブな言動も子供を縛りつけてしまうことになるんですね。

 

まとめ

親の人生と子供の人生を切り離して考えることは、とても大切なことです。

子育てに一生懸命になりすぎず、お母さんはお母さんの人生を楽しむ。そうすることで、お母さんも楽になりますし、子供も自分の人生を歩いていけます。

子育てが辛いと感じているなら、少し肩の力を抜いてみましょう。

お母さんの愛情さえ伝わっていれば、案外子供ってちゃんと育っていくものですよ。

【PR】

-子育て・悩み

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.