小野市立好古館レビュー|兜飾りや武者人形がズラリ!

小野市立好古館

兵庫県小野市にある、「小野市立好古館」に行ってみました。

考古館へは初めて行ったんですが、季節ごとにいろんなイベントをやっているらしく、今はゴールデンウイークということもあり、甲冑飾り、兜飾り、武者人形、節句の掛軸が展示されている「端午の節句飾り」をやっていました。

今回は、「小野市立好古館」の見どころご紹介したいと思います。

小野市好古館へのアクセス

<住所>
〒675-1375 兵庫県小野市西本町477

【電車の場合】
・神戸電鉄「小野駅」から徒歩3分

【車の場合】
・国道175号線「天神町」交差点を西へ約20分

 

小野市立好古館の見どころ

小野市立好古館の正面

▲小野市立好古館の正面です。

パッと見た感じ、「え、もしかして休館日?」っていうぐらい暗い雰囲気で、一瞬、中に入ろうかどうか迷いました(笑)

小野市立好古館の左

▲小野市立好古館の左には、神戸電鉄「小野駅」へ続く歩道橋があります。

 

端午の節句飾り

小野市立好古館の自動ドア

▲入り口を入ると~

小野市立好古館内

▲「うおぉぉぉ~」す、すごい…

▲兜飾りや武者人形が所狭しと並べられています。

弁慶

近くから見たら大迫力!! 息子と旦那は大興奮です(笑)

 

実体験コーナー

好古館の右手側

▲右手の奥には、昭和初期頃のオモチャで実際に遊べる「実体験コーナー」があります。

実体験コーナー

実体験コーナー2

▲昔の凧や福笑い、壁には昭和の駄菓子屋に売っていた景品が展示されています。

実体験コーナーのおもちゃ棚1

実体験コーナーおもちゃ棚2

▲けん玉や輪投げ、ヨーヨーなど、棚にあるおもちゃで実際に遊べます。

輪投げで遊ぶ子供

▲輪投げをして兄妹バトルしてます(笑)

 

考古館内は歴史ある展示品がいっぱい

郷土の先覚者を展示

▲郷土の先覚者の紹介や実際の書物などを展示しています。

昔の農家

昔の農家2

▲昔の農家はこんな感じだったんですね。家の間取りなんかも載っていました。

昔の商家の暮らし1

▲算盤(そろばん)の問屋の帳場を再現しているらしいです。

 

考古館2階へ

小野市立好古館2階への階段

▲2階は「幕末・明治の小野と軍隊」を展示しているみたいなので、考古館の入り口を入って左側にある階段を上っていきます。

小野市立好古館2階入り口

小野市立好古館2階の展示品

陸軍正衣と軍服のマネキン

幕末から明治時代における小野での軍隊の歴史を紹介している、企画展「幕末・明治の小野と軍隊」は、4月27日(土曜)~6月23日(日曜)までしか見ることができません。

 

小野市立好古館の駐車場

▲小野市立考古館から北へ約50m(徒歩で約1分)の場所にあります。

考古館の駐車場案内

▲12~14、16~25番までの13区画が「考古館」が契約している駐車場です。

月極駐車場なので、「考古館」が契約している区画以外には駐車できませんので注意!

 

小野市立好古館に行ってみた感想

じつは、家族でドライブしていたらたまたま「好古館」の案内看板を見つけてきてみたんですけど、外観からは想像できないぐらい中はすごかったです。

料金は、大人が200円で子供は「ひょうごっ子ココロンカード」を持っていれば無料(もっていかなくても、名前と住所を記入すれば大丈夫でした)※何もない場合は100円。

家族5人たった400円で遊べたので、行ってみてよかったと思いました。

「端午の節句飾り」は5月26日(日曜)まで。

企画展「幕末・明治の小野と軍隊」は6月23日(日曜)までみたいです。

親子で鎧兜が着れるイベントもあるみたいなので、また行こうかな~(笑)

-お出かけ

Copyright© ne-MaMa , 2020 All Rights Reserved.